FC2ブログ
手帳
2019 / 02 / 21 ( Thu )
年金手帳が見つからない。
何故だろう?

場所は変えてないと思う。

掃除、整理して、
古い書類をだいぶ捨てた
そのとき、間違えて捨てた?

年金手帳は、1冊だけ

どこかで忘れてきた?
それはないと思う。

納得がいかない。
スポンサーサイト
14 : 17 : 56 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
国籍、民族
2019 / 02 / 21 ( Thu )
日本で普通に日常で見られる植物も
実は、有史後に外国から移入したものが多い。

シロツメグサもそう。
四葉のクローバーで有名な草。

明治時代には、ヨーロッパからの商品の緩衝材として
使われていたものから広まったとも。

園芸植物なども海外からのものが多い。

調べてみると、
いかに今の日本の人の周辺の植生が、
昔と違っているかがわかる。
半分以上が日本原産でないことも。

今の風景と、
日本原産の植物だけ残したを
昔の純日本の風景比べてみたい。

そういう植生をわかりやすく再現している
施設や場所はあるのかな?

季節を読む俳句、和歌なども
そこに読まれた風景が思い浮かばないようでは
理解できない。

そういう、平安の里というべきところも
作って欲しい。




どんぐりの国籍もなかなか難しい

クヌギ、マテバシイなどは大陸から
人の手で移入されたのでは?と考える人がいるみたい。

有史以前は、はっきりとわからないので
可能性はあるかも?



アイヌ新法案を閣議決定したみたいです。
先住民認定ということみたいです。

アイヌの文化を残し伝えていこうという活動は
いろいろ行われていることは見聞きしますが、

(ここでも、何回か、
アイヌとどんぐりやどんぐりの木に関することを紹介しています。

ここで紹介していないことでも、
アイヌの歌謡から、
どんぐりやどんぐりの木に触れられている部分を抜き出したりはしています。)

アイヌ民族をどう定義するのでしょう。
昔、同化政策が進められたので、
(同化政策は、人類の歴史で繰り返されてきたことで、
今でも行われています。)

調べていませんが、

純粋なアイヌ民族、
アイヌの血をたもちながら、
昔ながらのアイヌの生活をしている人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

でも、これでアイヌの文化が、
後世に伝えられ残されていく助けになればいいですね。

お金が付くようになるとお思いますが、
利権になるようなことにならないといいな。

また、北方領土の先住人といえないこともないと思いますが、
領土問題に絡めることはやめてほしいです。


日本人の定義とは何なのでしょう?
辞書では、

・日本の国籍をもつ者。日本国民。

日本では二重国籍は認められていないので、

アメリカの市民権を獲得した人は、
日本人ではないということ
ノーベル賞の受賞者でもいました。

最初は日本人として、ニュースに流されていましたが、
辞書の定義では、日本人ではなく日系アメリカ人です。

大坂なおみ選手も、
今は二重国籍を許されていて日本人ですが、
後にアメリカ人を選択すれば、日本人ではなくなります。


私の知人にも、両親とも日本人で、
見た目も日本人なのですが、

アメリカで生まれたので、
その後ほとんど日本で過ごしていたのですが、
アメリカの出生地主義のため二重国籍で、
最終的に、アメリカ国籍を選んだ人もいました。


海外で活躍する日本人を見て、

「同じ日本人として誇りに思う。」

とよく聞きますが、
感覚的に、こんな感じかなとは解るような気はしますが、

私には、正確には、はっきりはわからないし。
人によって意味が異なることもあるのではと思う。

同じ日本人として、何が同じなの?
国籍が同じということ?だけ
同じ言葉を話す?
同じような感覚を持っている?

国籍だけなら
父、母も日本人でなく、
姿形も日本人らしくもなく
日本に住んでなく、
日本語も話せず、
日本の文化や風習も知らない、
そういう人でも日本人として誇りに思える?

そう思えないのであれば、
自分にとっては、何が重要なのかを考えてみてください。

自分が日本人の何を大切に思っているか
日本人のアイデンティティを考えることになります。

グローバル社会では必要なことです。

極端な人では、

日本人は
日本人の父母から日本で生まれ、
日本で生き、文化を受け継ぎ、
日本の土、水ではぐくまれた作物を食べ、
日本の土、水、由来の元素で体を形づくり、
日本の土地に還っていく者

と考える人もいるかもしれません。

外国の食べ物、肥料などが多少は入っているかもしりませんが、
今でも、田舎にはそういう人がいるかもしれません。




今年の、安倍首相の年頭会見
「北方領土には多数のロシア人が住んでいる。
住民の方々に、日本に帰属が変わるということについて納得、
理解をしていただくことも必要です」

を聞いてびっくりした。
住民に対して、そんなに理解と話が進んでいるの?
いきなり他国の首相から、そんなことを言われても、
反発はすごいことになるだろう。

バカじゃないだろうし、この発言に何の意図があったのか?
意味不明??で、いまだにわけがわからないでいる。

何か、戦略的な考えがあったのか?
それともK.Y.か?解る人は教えてください。
04 : 50 : 05 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
新しいエイジング・ステックス
2019 / 02 / 20 ( Wed )
お酒に、木片を入れて、香や色、味をつけることがあります。
タンク熟成などのお酒で、使われたりしています。
それの瓶用ですね。

少し前に紹介した、樽メーカー有明産業のフレーバリースティック
下のように、お酒の瓶などに入れ、色や香りをつけます。



他の所でも似たようなものを作っています。

通常、貯蔵する樽の内部には焼きをいれます。
こちらは、レーザーで模様を描いただけのようなので、
そこらへんの考慮はされていない?かもしれません。

本格的なのは、前者でしょうが、
好みが分かれるかもしれません。

----

暖かくなったので、
右ひざのリハビリを再開している。

寒いときは、軽い痛みがあり
むずかゆくなるのでやめていた。


しゃがんでの作業や、
正坐での作業

2年ぐらいやっていない作業を
数分やってみて問題なかった。

周りに筋力つけば
ケガの前のように、
何も気にしないで作業できるようになるかな。


タバコも、

集中して思考することが多かったので、
しばらく吸っていたが、

暖かくなって、
考えていることを実行することが多くなるので、
やめることにしよう。


タバコを道具として使っています。

道具に使われるようなら、
吸い過ぎは健康にもよくないし、
もちろん使わないほうがいいです。

注意が散漫ではないが、
周りに広く広がっているのを、

気分を落ち着け、
注意の範囲を狭めるのに使っている。

例えば、
お風呂上りは、血管がひろがりリラックスして、
健康には、いいことだけど、
細かいことには、集中できない。

ニコチンには集中力を高め、反応速度を高める効果がある

以前、車を運転する前にタバコを吸っていたのは、
自然とその効果を感じていたからでしょう。

覚醒効果というものでしょうか?


スポーツ界では、

フィールド競技で、
投てき競技者が投げる前に、アンモニア等を鼻で嗅ぐのをよく見る。
効果があるから、皆やっているのだろう。
規則では禁止されていない。

他の競技にも有効だと思うが・・・

調べてみると、
前のサッカーW杯で、アンモニアをロシア代表が使っていたそう。

アイスホッケーなどでは、
スヌース(噛み煙草(ニコチン)とコーヒー(カフェイン))が使われるそう、
サッカーでも使っている人がいるという。

テレビ放送で、サッカーの試合で選手が口を動かしていると
リラックスのためにガムをかんでいると思っていましたが、
今では違うのかもしれません。

体に悪くない、覚醒効果のあるものがあれば、
(害のない何かの香りがいいと思うが)
流行るかもしれません。


タバコは体に悪いというが、
すべてのことに良いことと、悪いことがあるから。

日本人はお上がこうだ、
昔からこうやっている、いっている
本にこう書いてある、
アメリカ、ヨーロッパがこうしているといえば、

ホイホイ
自分で何も考えずについていく人が
外国より多いと思う。

自分で、
勝手に何でも都合のよいように思い込まずに
ちゃんと考え確認することが重要。
そうやっても間違えてしまうこともある。


お酒やタバコでも解禁の年齢が国によって違う

日本では、よく成長期の子供によくないという
よくなさそうな気もするが、本当のところどうなのだろう。

成人年齢が引き下げられるが、
タバコやお酒はどうなるのだろう。
もし成人年齢より解禁年齢が上にするなら、
日本人の体の成長が遅いから?

それとも、政府が、
バカにして年齢を定めてあげている?
規則として、お上からお達ししてあげないと
(成人である)国民が自制できないだろうと。

(規則が決められてると、違反できない。
違反を見つけて、炎上
弱いもの、反論できないものを
叩く、虐める、そういう民族性というか?、

民族性じゃないか?

世界的にそういう傾向があるし、
そういう人は、ある傾向があるはず。
扇動に使えるので、
その政府機関ではもう分析がすんでいるか?)



何故、外国ではいいのだろう?
ドイツだとお酒は16歳から

ドイツ国内のお酒利権のため?

ちゃんと解禁の年齢の低い国で
影響の研究がなされているのではないの?
研究すら利権でできないの?

そうだったら恐ろしい。

23 : 09 : 10 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
Acorn Cameraのトレイルカメラ
2019 / 02 / 19 ( Tue )

Acorn Cameraのトレイルカメラです。
野生生物の生態観察や監視などに使われます。

数年後には、
こういうものを使って、人や動物種の自動判定をさせ、
害獣の自動駆除や追い払いをするようになるのかな。
23 : 59 : 16 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
「国際成人力調査
2019 / 02 / 19 ( Tue )
少し前の、文春オンラインの記事を見て、

----その記事の一部抜粋-----
「国際成人力調査」の結果概要
(1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。
(2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。
(3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。
(4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。
-----   -----

本当か?と、すこし気になったので軽く自分で確認してみました。

国際成人力調査(PIAAC:ピアック)については、
(大国では、中国、インドなどは参加していない)

国立教育政策研究所が、
国際報告書のうち、日本に関係が深い部分をまとめて分析を加えた
日本版報告書があり、概要、要約はネットでも見られます。

報告書の概要、要約しか読んでいません。

調査が実施された「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力」の
3分野のスキル全てで、
日本は、全世代の平均としては、
調査した国の中で最高か、それに近い成績を残しています。



報告書の概要、要約に掲載されているだけでも、
レベル別、年代別な考察などの他、
背景調査もふまえていろいろな考察もなされています。

過去の学習到達度調査(PISA)調査と、
国際成人力調査(PIAAC)で重なる年代(17~28歳の若い世代)で、
読解力の成績の他国との比較もなされており、
日本の若い世代は、過去のPISAより、
PIAACの成績の方がよくなっています。


(過去に比べて若い世代が改善されたのか?
PISAの質問との性質の違いによるものなのかは、
全ての質問がネットでは見られないので
よくわかりません。)


それでも、ネットで一部公開されている
各レベルの問題例の難易度と結果から、
確かに、記事のように書けないこともないようです。



(1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。
一瞬、そんなことないだろうと思ってしまいます。

後に続く記事の内容への興味を引くための、
つかみとして、
インパクトを与えたり、
どちらでもとれるように
書かれる場合はよくあります。

「読む」には、
・書かれた文字を一字ずつ声に出して言う。
・文字・文章などの表す意味を理解する。
などいくつかの意味があります。

記事に書かれた「日本語が読めない」は、
・文字・文章などの表す意味を理解できない
ということを意味しています。

切り取った短い文だけでは、
どちらの意味かわかりません。

皆だいたい同じだと思いますが、
私の場合は、
現在の日本人の識字率が100%に近いことを知っているので
フィクションや過去の話等でなければ、
ほぼ、理解という意味だろうと推測し、
後に書かれた記事の文章を読んで(理解して)、
その文脈から、理解という意味であると最終確認しました。

こういうのも簡単な読解力ですね。

ただ、国際成人力調査の報告書は2013年(6年前)に公表されているもので、
日本での調査実施は2011-2012年です。
少し古いデーターです。
現時点では少し異なる結果になるでしょう。


今、調査を行うとどうなっているか。
良くなっているか悪くなっているか?
できれば中国、インドなども加えたもので見てみたい気もします。


最近のOECD東京センターのHPのニュースに掲載されている気になるものでは、

OECDの直近の報告書
「スキルを理解する:将来に備える成人学習制度
(Getting Skills Right: Future-Ready Adult Learning Systems)」
についての、

日本語概要
「成人学習の促進は、人々が職業の将来的な変化に適応できるようにする上で不可欠」
での
…ほとんどの側面で将来への備えができていないのは、ギリシャ、日本、スロバキアです。

という記述が気になります。



調査されているのか分からないですが、
日本には英語が苦手な人が多い?ので、
(私も苦手で苦労します。)
英語の読解力等がどのレベルにあるのかも気になります。

昔から、製品の国際規格や各種学術論文も英語がほとんどで、
更に、今では英語を使用する仕事も増えており、
国も教育で対策も進めているようですが、
若い世代では改善が進んでいるのか気になります。

日本はどのくらいなのでしょうか?


-----
いろいろ書いて
おうぼしてみるか

狭い分野に絞ったほうがいいみたい。
06 : 04 : 48 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ