プリンス・ウィリアムズ・パークのオークの木
2015 / 06 / 14 ( Sun )
福島県本宮市のスマイルキッズパーク・記念樹の杜(もり)の愛称が、
プリンス・ウィリアムズ・パークに決まったそうです。
2月末にイギリスのウィリアム王子が、
東日本大震災の被災地視察のため訪れたことを受けての愛称で、

そのとき王子は、イングリッシュオーク(ヨーロッパナラ)の木を植樹されたそうです。
スポンサーサイト
11 : 13 : 31 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
伐られたカシワの木
2015 / 05 / 06 ( Wed )
昔、デジカメで撮った写真を見ていたらこんな写真がありました。

家の近所に植えられているどんぐりの木の場所をいろいろ知っているのですが、
どんどん伐られて数が減っています。

ここは、調布市の京王線沿いの空き地っです。(今は家が建っています)
donguri150506_1.jpg
掘り返されて色の変わった部分に株立ちのカシワの木が生えていて、
毎年、どんぐりもつけていました。
donguri150506_2.jpg
名残りの、カシワの枯葉が・・・約2年前のことでした。

調布といえばこんな写真も
donguri150506_3.jpg
東京で国体が開かれた年に、味の素スタジアムに今話題の桐生選手を見に行ったときです。
写真は他の競技のときで、客席もまばらでのんびり本でも読みながら見物していました。
決勝は混むと思ったので、準決勝のレースの桐生選手を見て帰りました。
08 : 03 : 07 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
ヨーロッパナラの花
2015 / 05 / 04 ( Mon )
鉢植えのヨーロッパナラが今年も花をつけました。
donguri150504_1.jpg
雄花:真ん中から右下に垂れている花穂
雄花は、一昨日ぐらいに開いて黄色い花粉を飛ばし終え、茶色くなりもうしおれかけています。

雌花:真ん中上に向かって伸びる、柄の先に丸いどんぐりの元がついています
雌花は毎年もうすこしだけ大きくなりますが、しばらくすると落ちてしまいます。

花は毎年つけますが、実ることはありません。
自家受精させれば良かったかな?
20 : 32 : 20 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
東京ミッドタウンのウラジロガシ
2015 / 05 / 03 ( Sun )
東京ミッドタウンのウラジロガシ

一昨年、ここで紹介した展覧会を国立新美術館へ見に行った帰りに
以前、ここで紹介した東京ミッドタウンの中庭のウラジロガシの木も見てきました。

このように中庭に何本か植えられています。
donguri150503_1.jpg

名前の由来になった、葉の裏の白いロウ状物質の多い木と少ない木の個体差が見られました。
donguri150503_2.jpg
多い物
donguri150503_3.jpg
少ないもの

木の下に入って上を眺めると違いがよくわかります。
05 : 07 : 37 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
エリザベス女王手植えのオークの木
2014 / 04 / 04 ( Fri )
イギリス大使館が今日まで限定で一般公開されているそうですね。

エリザベス女王手植えのオークの木などがあるとテレビで先日紹介されていました。
イギリスを代表する木のイングリッシュオークの木だと思います。
残念ながら見学には行けないのですが、だれか、解りやすい写真をupしないかな?


エリザベス女王手植えのオークの木といえば、私が以前から気になっている木があります。

迎賓館に植えられているといわれるオークの木です。
Wikiには、迎賓館庭園の庭園の項目に、
・・・エリザベス女王(1975年、ブラウンオーク)…の記念植樹がある。
と書かれています。

植えられている樹種はイングリッシュオークではと思っているのですが、
ブラウンオークとは?何かいわれがある呼称なのでしょうか?
資料が少なく調べきれていません。
迎賓館は、年に一回限定で一般に公開されるそうなので、
時間があえば行ってみたいと思うのですが、なかなか行くことず残念です。


ついでに、サッチャー首相の手植えのオークの木というのもあります。
原子力施設のある東海村に植えられています。
こちらは、イングリッシュオークではなく、日本のカシワの木のようです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

08 : 42 : 50 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ