スクリューキャップのワイン
2006 / 07 / 31 ( Mon )
ワインはどんぐりの木と関係の深い飲み物で、
ワインの熟成にはどんぐりの木のオークで作られた樽が用いられ、
ワインのビンの栓にはどんぐりの木のコルクガシの樹皮から作られる
コルク栓が伝統的につかわれています。

樽とオークに魅せられて
おすすめ度 :
コメント:
ワインやウイスキーの樽、オークについて書かれた本は少ないので、
どんぐり好きな人だけでなくワイン好きな人にもオススメな本です。

いま、ワインのビンの栓のコルクから、
スクリューキャップへの置き換えが進められているそうで、
スクリューキャップはオーストラリア産、ニュージーランド産や
テーブルワインなどでは多かったのですが、高級ワインの分野でも進められているそうです。

ウルフ・ブラス プラチナムラベル・シラーズ [2002]
エスク・ヴァレー ザ・テラシス ホークス・ベイ[2002]、
ブロック6 ケイ・ブラザーズ、  グロセット・ガイア[1998]
ウルフ・ブラス プラチナムラベル・シラーズ [2002]エスク・ヴァレー ザ・テラシス ホークス・ベイ[2002]Esk Valley Reserve Hawke's Bay The Te...[2003]ブロック6 ケイ・ブラザーズグロセット・ガイア[1998]


メルシャンのスクリューキャップのワインに関する情報を集めたサイト
クリックワールドを見てみて
素人目にみても、経済的、利便さにおいてはスクリューキャップの方がよいと思います。
上記サイトには20もの良い点だけが列挙されています。
客観的に正確な情報を良い点だけでなく、悪い点もきちんと併記したらよいと思います。

いずれにしても、コルク栓のワインが急になくなることはないでしょう。
近年、減少しているときいているコルクガシ畑が
なくなってしまうようなことがないように祈ります。

今年、樹皮がコルクの原料になるコルクガシを
どんぐりから育てていたのですが枯らしてしまいました。
多分、根ぐされが原因だと思います。
来年運良くどんぐりをまた入手できましたら、
こんどはもっと水はけのよい土で育ててみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 46 : 39 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
どんぐりアイス
2006 / 07 / 30 ( Sun )
やっと梅雨があけて、アイスがとっても食べたい暑い季節になりました。
どんぐりを使ったアイスクリームも日本各地で作られています!!

どんぐりを使った食品を作っているところでは、どんぐりアイスも作っていることが多いです。
 ・鳥取県淀江町の白凰の里
 ・岩手県の道の駅・いわいずみ
 ・長野県の大滝村でもどんぐりの食品をたくさん作っているのでどんぐりアイスもあるかも?

他にもどんぐりアイスを作っているところがあります。
 ・岩手県の道の駅・野田の観光物産館ぱあぷるどんぐりアイスが購入できます。
 ・福島県の道の駅・裏磐梯の森のアイス工房と桧原湖にある裏磐梯物産館
 ・香川県の道の駅「空の夢もみの木パーク」でも(期間限定かもしれません)作っているそうです。
   この他にもどんぐりアイスを作っているところがあるかもしれません♪
   食べにいきた~い!!です。

どんぐりは使っていませんが、形がどんぐりのアイスもあります。
メイトーの「いろいろどんぐり」(去年のクリスマス限定?)
どんぐりの形のアイスでナッツがいっぱい入っていてとってもおいしいそうです。
80粒入り(バニラ/コーヒー/ストロベリー/バナナ味各20粒)

今年も販売しないかな?食べてみた~い!!

追記

岐阜県の道の駅「桜の郷 荘川」でも
どんぐりのソフトクリームが食べられるそうです。
同じものが道の駅「美濃白川」でも売っているとか。
でも近く販売中止のウワサも。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 22 : 22 | どんぐりを食べる | コメント(6) | page top↑
緑・花文化の知識認定試験
2006 / 07 / 29 ( Sat )
今月、オープンした地元の新しい図書館で緑・花文化の知識認定試験の参考書の
緑・花試験集中講義という本を借りてきて読んでいます。
緑・花試験集中講義

緑・花文化の知識認定試験公式全問題集(平成14~18年度版)
緑・花文化の知識認定試験公式問題集(平成18年度版)緑・花文化の知識認定試験公式全問題集(平成17年度版)緑・花文化の知識認定試験公式全問題集(平成16年度版)緑・花文化の知識認定試験公式全問題集(平成15年度版)緑・花文化の知識認定試験公式全問題集(平成14年度版)


緑・花文化の知識認定試験のパンフレットは市役所などでを見たことがあったのですが、
資格ではないし、試験料もそこそこ高いので敬遠していたのですが、
問題を見たら面白そうなので、勉強しはじめてみようと思います。
特級がとれそうになったら試験を受けてみようと思います

新しい図書館は綺麗でビデオやDVDなどの映像資料を見られる席や、
軽く食事のできるところもあるので暑い日の避難場所にはよいかも。
隣にどんぐりの木がいっぱいの公園もあるし♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

07 : 52 : 25 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
びんちょうタン
2006 / 07 / 28 ( Fri )
少し前にTBSで深夜に「びんちょうタン」というアニメがやってました。

びんちょうタン、クヌギたん、アベマキなどの
どんぐりに関係する名前のかわいいキャラクターもでてくる
ほのぼのした感じのアニメでした。

本、貯金箱
びんちょうタン(壱巻)びんちょうタン びんちょきん箱 流通限定版

DVD壱、弐、参
びんちょうタン 壱びんちょうタン 弐びんちょうタン 参

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | TVでどんぐり | コメント(0) | page top↑
ミニどんぐり
2006 / 07 / 27 ( Thu )
donguri060727_1

スダジイのミニどんぐり(どんぐりの子供)

この時期、どんぐりがどんどん大きくなっていきます。
どんぐりでリースなどの飾りを作ろうと思っている人、
この時期にどんぐり成長をよく見ながらどんぐりを摘むと、
かわいいミニどんぐりが得られますよ。
でも必要な分だけにしてください、採りすぎてはだめですよ。

ながく続いていた梅雨空も終わり、
草原では、キリギリスが「ギィーッチョン」
公園ではセミ「ニイニイ」「ジイジイ」とたくさん鳴き始めて
すっかり夏らしくなってきました。
donguri060727_2

ニイニイゼミのヌケガラ

私はキリギリスの鳴き声がとても夏らしくて感じられ、
大好きなので飼って鳴き声を聞きたいのですが、
ご近所から苦情がでそうなので自重しています。

私が子供のころ、デパートのペット屋さんなどでオスの鳴くキリギリスが
竹の虫籠に入れられてよく売られていました。

去年の夏、池袋のデパートのペット屋さんを覗いたとき
キリギリスがまだ売られていてうれしかったです。
竹の虫籠ではなくて飼育ケースに入れられて、デパートらしくいいねだんがついてましたけど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

19 : 47 : 42 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
スズメバチ
2006 / 07 / 26 ( Wed )
クヌギの木にスズメバチがきていました。
クヌギの木の、少しだけ樹液のでているところで
頭とアゴを動かして、一生懸命ガツガツしていました。
donguri060726

スズメバチは毎年刺されて死者もでている危険なハチです。
刺されるのは主に巣が近くにあることを知らずに接近しすぎたときです。

スズメバチの巣に近づくと、
まず、一匹のスズメバチが近くまで飛んできて
人の頭の少しななめ上ぐらいでホバーリング(空中停止)して
カチカチカチと人の耳にも聞こえる警戒音を発してきます。
そんなときは、ゆっくりあとずさりをして
その場からゆっくり刺激しないように離れていくのがいちばんです。
私も山で数回、スズメバチに警戒音をだされて逃げたことがあります。

樹液を吸いにきているスズメバチは、樹液を吸うのに一生懸命で
警戒態勢や攻撃態勢に入っていないので
手を近くにだしたり、周りで暴れたりしないかぎり、まず刺されることはないです。

関西の人でカブトムシやクワガタムシをとりにいってスズメバチしかいなかったとき、
「なんでやねん!!」とサンダルの裏でスズメバチにつっこみを入れて
叩き落とす人もいるとか??(危険ですのでマネしちゃだめですよ!!)

気をつけるのはカブトムシやクワガタムシを見つけて喜びすぎて、
すぐ近くにいるスズメバチに気づかずに手をだしてしまうときです。
カブトムシやクワガタムシを見つけてもすぐには手をださずに
周りをよく確認しましょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 33 : 36 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
台場クヌギ
2006 / 07 / 25 ( Tue )
昔からクヌギの木は、枝は薪や炭の原料やシイタケのほだ木、
落葉もよい肥料、樹皮やどんぐりなどもよい染料にもなるため、
里山や畑のわきなどに植えられて人々の生活に役立てられてきました。
畑の脇にずら~っと一列に植えられているところもあります。

台場クヌギとは、
クヌギの木を枝などを伐採しやすい地上1~2メートル程の高さで伐採し、
そこから新たに出る萌芽枝の伐採を繰り返すことによって
主幹の部分が太くなったものをいいます。

伐採を繰り返すため木にはうろ(穴)ができやすく、
そのうろの中にクワガタムシなどがよく住み着いているため
クワガタムシを採集する人にとってはあこがれの木です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 02 : 37 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
石炭と琥珀
2006 / 07 / 24 ( Mon )
新生代のどんぐりの木の葉、どんぐりなどの化石珪化木
博物館などで何度か見たことがありますが、
どんぐりの木の石炭と琥珀はみたことがないです。
あったら見てみたいですが、杉や松などにくらべて樹脂の量が少ないので難しいかな?

映画「ジェラシックパーク」でコハクの中に閉じ込められた蚊から
恐竜のDNAを取り出して恐竜を復活させるというのがありました。
日本にもそんな恐竜時代(中生代)のコハクが産出するところがあります。
有名なの場所が岩手県と千葉県です。

千葉県では保護されているので、ハンマーを使って採集することはできませんが
琥珀は海水より比重がかるく浮くので、たまに海岸に打ち上げられているそうです。
その他に海岸に打ち上げられている綺麗?なものは
シーグラス(ガラスの破片が波であらわれて角が丸くなったもの)や
小さなメノウ、黒くて軽い石炭などがあります。
その石炭の中にもたまに数ミリほどのちいさな琥珀が含まれています。
donguri060724
以前に拾った石炭(黒いところが石炭で、黄色いつぶつぶが琥珀です)

岩手県にも琥珀が拾えるかもしれない海岸があるそうで、
琥珀博物館もあるので、一度、行ってみたいと思っています。
どんぐりの木の琥珀あるかな?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
どんぐりの木とカブトムシとクワガタムシ
2006 / 07 / 23 ( Sun )
どんぐりの木の樹液はカブトムシとクワガタムシの大好物で
枯れた木もカブトムシやクワガタムシの幼虫のエサになるので
どんぐりの木はとってもカブトムシやクワガタムシと縁の深い木です。

どんぐりの木、中でもクヌギの木コナラの木などの樹液に
カブトムシやクワガタムシはよく集まってきます。
(どんぐり以外の木にも集まりますので木の種類を調べてみるといいですよ)

昼間に樹液の出ているクヌギの木コナラの木を見つけたら
夕方~夜、朝のまだすずしいときに見に行ってみましょう。

昼間でもカブトムシやクワガタムシの採集ができます。
でも、スズメバチには要注意です!!
木のうろや樹皮の割れ目、木の根元の腐葉土などによくもぐっています。
木の根元を掘ったあとはちゃんと埋め戻しましょう。

虫取り網の届かない木の上のほうにカブトムシとクワガタムシが
いるときがあるのでそのときは手で木をゆらしてみましょう。
手でゆすれない大きな木の場合、木の幹を「ライダーキック!」しましょう。
スネで蹴ったらケガしますよ!!ちゃんとケガしないように足の裏で蹴りましょう。

すると、クワガタムシなどが落ちてきます。
「ガサッ」と落ちた音のしたところをすばやく調べてください。
すぐ調べないと腐葉土の中にもぐってしまいみつからなくなります。

もっと簡単なカブトムシやクワガタムシの採集方法は灯火採集で、
カブトムシとクワガタムシのすんでいそうな雑木林の近くの
街路灯やコンビニ、自動販売機の明かりの周りを見てみると
その光につられてとんできた虫がよく落ちています。
その虫を食べにカエルなどもきたりしています。

他にはトラップや朽木割りなどによる採集法もあります。
でも朽木割りなどは必要以上にやらないほうがよいと思います。
アフィリエイト2.0

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
どんぐりの木とカブトムシ
2006 / 07 / 22 ( Sat )
今日、お昼に小さな公園を通りかかったとき、小学生の男の子が
「これコナラの木でしょう?・・・カブトがいるかもしれない」
といって、公園の木の根を傷つけてその下の土を掘っていました。

その木はクスノキの大きな木で、樹液もでておらず、
根元には粘土質の土があるだけで、
とてもカブトムシがいるとはおもえませんでした。
実際にカブトムシをとったことがないのかな?

コナラとクスノキの木の樹皮はがひび割れていますが、
なれるとほとんどかんたんに見わけられますし、
葉の形やコナラの木についているどんぐりの赤ちゃんをみれば
違いは一目瞭然です。

その公園には数本のコナラの木のが植えられていて
去年の夏には、すこしだけ樹液を出している木があって
カナブンやゴマダラチョウがときどき樹液を吸いにきていました。
その木の枝が大きく剪定されていたので、
残念ながら、今年は樹液をださないかもしれません。
アフィリエイト2.0

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
どんぐりの木の葉柄
2006 / 07 / 21 ( Fri )
葉柄とは、枝と葉の間の細くなっている部分です。
葉柄の長さはどんぐりの木の種類を見分ける大切なポイントのひとつです。

(例)コナラ、ミズナラ、ナラガシワ、カシワの見分け方
コナラナラガシワには葉柄があり。
ミズナラカシワには葉柄がほとんどない。

また、葉が葉柄とつながっている部分の形も違っています。
コナラはくさび状になっている。
ミズナラは耳たぶ状になっている。

でも、ごくたまに耳たぶ状になったコナラの葉も見かけます。
donguri060721
右側のコナラの枝の葉だけ耳たぶ状になっていました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
ドルチェナ NUTS MANIA
2006 / 07 / 20 ( Thu )
ドルチェナがディズニーのチップ&デールに変身したお人形です。

デールのほうにバックに入れられるどんぐり♪がついています。
チップのほうはピーナッツです。
ドルチェナ NUTS MANIA Dドルチェナ NUTS MANIA C

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
どんぐり急須
2006 / 07 / 19 ( Wed )
急須のふたの取っ手がかわいいどんぐりの形をしています。
炭化どんぐり急須

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
拾うこと
2006 / 07 / 18 ( Tue )
どんぐりもそうなのですが、わたしは物を拾うことが好きみたいです。

子供のとき、近所の沼を埋め立てた土砂の中から
いろんなものを拾いました。

石灰岩の中から古生代のフズリナの化石やオーム貝の化石
砂の中からまだ形の残っている新生代の貝の化石やウニの化石。

黄銅鉱のキラキラ輝く小さな結晶がついた石や
緑色透明な蛍石のついた石なども拾いました。

なんと!!お金も拾いましたよ♪
寛永通宝や明治時代の1銭銅貨などの古銭ですけど。
donguri060718

で、今は、どんぐりなどの木の実や
水晶や翡翠などの綺麗な鉱物や琥珀などの化石を拾っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
アリさん大集合
2006 / 07 / 17 ( Mon )
コナラの苗木の新芽によくアリさんが集まってきます。
donguri060717

アリマキなどのアブラムシがついていると
アリさんがおしりから出す甘い蜜をもらいにたくさん集まってきますが、
この葉をよく見てもアブラムシはついていなかったです。

植物の中には新芽から甘い液をだしてアリさんを集めて害虫を追っ払ってもらい、
新芽が食べられるのを防いでもらうものもあるそうですが、
コナラはどうなのでしょう?

コナラの新芽もアリさんが大好きな匂いなどをだしている?
のかもしれません。
となりに置いてあるクヌギの新芽にはあまりアリさんは集まってきません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

17 : 14 : 42 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
リスが持つドングリキャンドルホルダー
2006 / 07 / 16 ( Sun )
リスが持つドングリキャンドルホルダーリスが持つドングリキャンドルホルダー
おすすめ度 :
コメント:かわいいリスがどんぐりの形のキャンドル立てをおててでおさえてくれています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
斑入りのクヌギの葉
2006 / 07 / 15 ( Sat )
育てているクヌギの木の苗木の1本に
2枚だけ白い斑入りの葉をつけたものがありました。
donguri060715

他の葉は普通の緑色をしています。

どんぐりの木の中で斑入りのものは少ないですが
斑入りのシイの木などはよく販売されています。
斑入りシイの木

他には少ないですが、クヌギ、コナラ、ミズナラ、マテバシイやカシの木、
外国産のどんぐりの木などで斑入りのものが販売されています。

斑入りの部分には葉緑素が少ないので普通のものに比べて弱いものが多いそうです。
今年、拾ったどんぐりから生えてきた、葉の全部が白いピンオークは
(前に日記にも書いたのですが)
葉を5,6枚程つけた後に、残念まがら全て枯れてしまいました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 28 : 19 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
実体顕微鏡
2006 / 07 / 14 ( Fri )
久しぶりに小さな鉱物を見るために、
実体顕微鏡を出したので、どんぐりもすこし眺めてみました。
donguri060714

これはシリブカガシのどんぐりの凹んだおへそです。

写真はあまりうまく撮れませんでした。
デジカメ撮影が簡単にできるような実体顕微鏡が欲しいです。
ニコン ネイチャースコープ ファーブル ミニニコン ネイチャースコープ ファーブルおまけ3つ付き♪ニコン 顕微鏡 ネイチャースコープ ファーブル フォト [おまけ3つ付]

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 36 : 57 | どんぐり | コメント(0) | page top↑
虫食いドングリ
2006 / 07 / 13 ( Thu )
虫食いドングリのシルバーペンダントです。

●*キュートで楽しいシルバーペンダント~虫喰いドングリ●*キュートで楽しいシルバーペンダント~虫喰いドングリ
おすすめ度 :
コメント:どんぐりの上に小さないも虫がのっています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 26 : 25 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
クヌギの木にいた虫
2006 / 07 / 12 ( Wed )
公園に生えているクヌギの木の樹皮のすきまに、頭をつっこんでいる虫がいました。
donguri060712_1
これはカメムシの仲間のサシガメ科のヨコズナサシガメ?みたいです。
サシガメに刺されるとすごく痛いそうです。それを本能的に感じとったのか?
すこし怖く感じたので写真がブレてしまっています。

樹液を吸っているのかな?
食肉性とのことなので、クヌギの樹皮の間に隠れている
虫の体液を吸っているのかもしれません。

クヌギの木の裏側にまわってみると、
donguri060712_2
一匹の蛾がクヌギの樹皮の間に隠れて、姿をカモフラージュしていました。
(見つけられるかな?)
donguri060712_3
クヌギの木の上の方を見上げてみると、
どんぐりの子供がたくさんついていました。(今年も豊作♪)
donguri060712_4
葉の上には赤くて美味しそう?な色をした実?がありました。

間違えても食べてはいけません!!これは実ではなくて虫こぶ(虫えい)です。
小さなタマバチの仲間などが葉に卵を産んだため、その部分がふくらんでできたものです。
これはクヌギハマルタマバチの虫こぶかもしれません。
卵から孵った幼虫は虫こぶの中身を食べて大きくなります。

虫こぶはクヌギなどの葉の表面にたまに見かけることがあります。

虫こぶの本
虫こぶハンドブック虫こぶはひみつのかくれが?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 16 : 21 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
虫のレストランが開店しました
2006 / 07 / 11 ( Tue )
東京もすっかり暑くなり、
いろんな虫のレストランの、どんぐりの木の樹液がではじめているようです。
donguri060711_1
コナラの木の樹液を吸いにきていたゴマダラチョウ

ゴマダラチョウは国蝶のオオムラサキと同じエノキの木
幼虫もよく似た2本角の形をしています。

小学生のころ、近所にたいへん大きなエノキの木を植えてある家があり
そのエノキの木の上空を鳥のように優雅に飛んでいた姿を覚えています。
イチジクの実の汁を吸いにきたものを採集したりしていました。

donguri060711_2
クヌギの木の樹液を吸いにきていたカナブン

このクヌギの木の周りに甘酸っぱい匂いがただよっていたので
もしかすると、夜にはクワガタムシやカブトムシがきているかもしれません。

このクヌギの木は再開発中の駅前の、まだ舗装されずに残っている空き地に
ぽつんとだだ1本だけ残されているものなので
明日にでも切られてしまわないかと、とても心配しています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 33 : 09 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
ピンオーク、レッドオーク
2006 / 07 / 10 ( Mon )
ピンオークレッドオークの実生苗木を楽天フリマに出品しました。


興味のあるかたは、楽天のオークション(フリマ)で
「どんぐり屋さん」と入力して検索してみてください。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
スキンケアにはどんぐり?
2006 / 07 / 09 ( Sun )
どんぐりのエキスが使われているスキンケア商品があることしっていましたか?

アジュバンのAEQ10エマルジョンやAEQ10ローションには
アラカシのどんぐりのエキスが入っているそうです。

<アラカシ種子エキス>
植物由来の成分サポニン、タンニンを多く含み、抗酸化作用の他、
収れん作用により開いた毛穴を引き締める効果があり、肌のキメを整えるそうです。
アジュバン スキンケア極上の保湿成分を豊富に配合。[AEQ10エマルジョン]アジュバン スキンケア肌細胞にダイレクトに浸透。内側からハリのある肌へ![AEQ10ローション]

テーマ:日記 - ジャンル:日記

15 : 00 : 14 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
GLADEEのどんぐり
2006 / 07 / 08 ( Sat )
かわいい森のなかまとどんぐりの柄です。

ポーチ(おむつ)、オーガナイザー、トートバッグ
gladee/グラディー どんぐりおむつポーチgladee/グラディー どんぐりオーガナイザーGLADEE どんぐりママバッグ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 05 : 39 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
ウバメガシのどんぐりっこ
2006 / 07 / 07 ( Fri )
近所の街路樹のウバメガシの木のうちのひとつ(私が見つけた秘密の木です♪)
にだけについていている、どんぐりの子供たちがふくらんできています♪
このまま剪定されなければ、秋にはどんぐりの大豊作になりそうです。
donguri060707


ウバメガシの盆栽
ウバメガシ .ミニ盆栽ウバメガシ .ミニ盆栽

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 23 : 32 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
どんぐりてぬぐい
2006 / 07 / 06 ( Thu )
かわいいどんぐりがいっぱいのてぬぐいです。
注染どんぐり手ぬぐい(煤竹色)注染どんぐり手ぬぐい(抹茶色)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
クロレッツXP
2006 / 07 / 05 ( Wed )
あなたも知らないうちにどんぐりの木の葉を食べているかもしれませんよ??

スーパーやコンビニなどでよく売られているガムのクロレッツXPの
オリジナルミントやクリアミント、フレッシュミントの材料には
どんぐりの木のウラジロガシのお茶の抽出物が使われています。
山本漢方の100%ウラジロガシ茶 5g*20袋
ウラジロガシ茶はウラジロガシの葉や小枝を細かく刻んで乾燥させたもので、
民間薬として胆石や腎石などを溶かして体外に排出するために飲まれてきました。
日本新薬の「ウルカルン」などの医薬品にも使われています。
★税抜3000円以上で送料無料♪★【全品ポイント2倍中】クロレッツXP クリアミント 14粒入X3本

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 59 : 28 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
どんぐりのスタンプ
2006 / 07 / 04 ( Tue )
枝に葉っぱとどんぐりのついた模様のかわいいスタンプです。
ラバースタンプ【どんぐり】全2種

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
イヴ・サン・ローランのキーリング
2006 / 07 / 03 ( Mon )
日本のブランドではあまりどんぐりのモチーフのものを見かけませんが、
欧米のブランドではどんぐりのモチーフがときどきつかわれています。

どんぐりの形のモチーフが付いたキーリング
イヴ・サン・ローラン キーリング(ブラウン×ゴールド)♪読モ特選1万ポッキリ♪イヴ・サン・ローラン キーリング(ブラウン×ゴールド)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
ブナの山旅
2006 / 07 / 02 ( Sun )
ブナの山旅
おすすめ度 :
坪田 和人著
税込価格 : \2,100 (本体 : \2,000)
出版 : 山と渓谷社
サイズ : A5判 / 351p
ISBN : 4-635-06253-8
発行年月 : 1999.9

北海道南部から四国までの全国のブナ林の120のコースを紹介しています。
神秘的なブナ林の中を歩いてみたい人にはおすすめな本です。
ブナ林のランキング、ブナの巨木ベストテンなども載っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの本 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ