グリーンマン
2007 / 08 / 31 ( Fri )
AC公共広告機構とNHKの共同キャンペーン
環境問題「リサイクルマークがECOマーク。」CMの中にも、
全身を木の葉で覆われたグリーンマンがでてきます。

グリーンマンは、ヨーロッパにキリスト教が広まる前の、
土着の宗教の、緑(植物)の神様?精霊?で、
ヨーロッパの教会、建物などの装飾のモチーフなどに
使われることがあるそうです。

クリーンマンという呼び名は20世紀になってから研究者につけられた名前で、
グリーンマンの特徴は、
 ・頭部やヒゲなどが植物となる。
 ・口、鼻、目、耳などから植物を出している。あるいは吸っている。
 ・体が植物になる。植物が人体から出る。
などだそうです(「グリーンマン伝説」より)
ヨーロッパ以外にも、グリーンマンにあたる者は、
形は違えど世界中に、もちろん日本にもあるそうです。

聖ボニファティウスが、オークの聖木を斧で切り倒し、
キリスト教を布教した話に象徴されるように、
ヨーロッパでは土着の宗教を追いやってキリスト教が布教されるのですが、
教会の建物のモチーフの中にはしっかりグリーンマンが生き残っているそうです。

グリーンマンはイギリスではどんぐりの木のオークとの結びつきが強くて、
オーク葉のついたものが多いそうです。
ヨーロッパにでかけたらグリーンマンを探してみるのもいいかも?

日本でも「グリーンマン」に関する本が何冊か出版されいるので、
図書館から借りて読んでみました。
グリーンマン

グリーンマン伝説
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
毛糸のどんぐり
2007 / 08 / 30 ( Thu )
かわいい毛糸のどんぐりのついた子供用のニットの帽子、手袋、マフラーです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
どんぐりの木の葉を食べる
2007 / 08 / 29 ( Wed )
どんぐりの木の葉はどんぐりと同じように、
タンニンを少し含んでいるそうなので、
食べすぎるとお腹を壊すかもしれません。

ブナ科の木の中でも、美味しく食べられる葉もあって、
ヨーロッパなどではヨーロッパブナの柔らかい新鮮な葉をサラダにして
食べていたところもあるそうです。

日本の山菜の本にも、ブナの葉はテンプラにして食べられると
書いてあるものがありました。
確かにブナの新葉は柔らかくてとても美味しそうに見えます。
コナラなど、他のどんぐりの木の新葉も食べられないかな?

どんぐりの木の葉はお茶として利用されることがあります。
日本では、ウラジロガシの葉を乾燥させたものが、
胆石などの民間薬として利用されていて市販されています。


韓国にはどんぐりの木の葉のお茶もあるみたいですが、
まだ実物を見たことも飲んだこともないので、
いつか飲んで、自分でもお茶を作ってみたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
ホワイトオークの樹皮
2007 / 08 / 28 ( Tue )
Nature's Way社のホワイトオーク樹皮(カプセル100粒入り)栄養補助食品です。
多く含まれているタンニンによる収れん作用で、
お腹がゆるくなってしまった時などに効果があるそうです。
アメリカの先住民や移民者たちに利用されていたそうです。

タンニンはどんぐりの木の樹皮に多く含まれています。
(少し前の日記に、日本のカシワの樹皮から抽出されたタンニンが
革なめしに使われたことを書いています)
どんぐりや葉っぱにも少し含まれています。

ホワイトオーク樹皮
おなかはゆるくないですが
ホワイトオークのイラストの描かれた入れ物が欲しいな♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
金蒔絵どんぐりシール
2007 / 08 / 27 ( Mon )
どんぐり、もみじの葉、いちょうの葉の豪華な金蒔絵のシールです。
携帯などにも貼れるそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
季節外れのコナラの花3
2007 / 08 / 26 ( Sun )
去年、季節外れの花をつけていた公園のコナラの木を、
今年も見てきました。(去年の日記
donguri070826_1
今年もたくさん季節外れの花を咲かせていました。
通常は春、新芽が開いた後に花が咲きます。
この公園には3本のコナラの木が植えられていますが、
そのうち2本が去年と同じく季節外れの花を咲かせていました。

去年は、強く剪定されていたのでその影響かな?とも思ったのですが、
今年は剪定されていないのにたくさんの枝で花が咲いていました。
春に花を咲かせ、この時期に再び花を咲かせるのは、
このコナラの木の特性のような気もします。

この時期は、春に芽生えて延びた枝が落ち着いて新しい芽をつくり、
その芽が開いて再び枝が伸び始める時期なので、
春に延びた枝先に、通常は作らないはずの花芽を作っていたのですね。
なぜだか不思議です。

花が地味なため、私以外は誰も気づいていないようです。
「2度咲きコナラ」とでも名づけましょうか?
花が綺麗ならとてもありがたがられたかもしれないですね。
去年見た限り、残念ながら2度目の花からはどんぐりは実らないようです。

通常、日本のどんぐりの木でどんぐりといっしょに花が咲いているのが見られるのは、
秋に花を咲かせるシリブカガシだけです。

<おまけ>
近所の街路樹に大きな蝶がとまりました。
donguri070826_2
つる性の植物が街路樹にからまって伸びていました。
donguri070826_3
蝶を見てみるとジャコウアゲハのメスのようです。
つる性の植物は食草のウマノスズクサかな?
近所の多摩川の両岸では、ジャコウアゲハが繁殖しているので
そこから飛んできたのでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(2) | page top↑
どんぐりの様子2
2007 / 08 / 25 ( Sat )
近所のどんぐりの様子を見てきました。
donguri070825_1
グヌギのどんぐりはだいぶ大きくなって殻斗から頭を覗かせています。
donguri070825_2
イチイガシのどんぐり
まだまだ小さいなどんぐりを数は少ないですが見つけることができました。
donguri070825_3
アラカシのどんぐり、まだまだ小さいです。
donguri070825_4
シラカシのどんぐり、こちらもまだまだ小さいです。
donguri070825_5
ピンオークの木
いつもどんぐりを拾っているピンオークの木は
大きく剪定されたため、どんぐりが見当たりませんでした。
今年は、ほかのところのピンオークの木でどんぐりを拾おうと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
どんぐり感
2007 / 08 / 24 ( Fri )
「どんぐり感」というのは木の実のどんぐりみたいな感じというのではなくて、
夏目漱石が門下の寺田寅彦に送った「やもり物語」についての
書評の手紙の中にでてくる言葉です。

漱石先生からの手紙:岩波書店 の中から抜粋すると、

「・・・文章の感じは君の特長を発揮している。
矢張ドングリ感、竜舌蘭感である。
此種の大人しくて憐で、しかも気取っていなくって、
そうして何となくツやっぽくって、
底にハイカラを含んでいる感じは外の人には出しにくい。
君には是より以外に出せないかも知れない。・・・」

夏目漱石が、寺田寅彦の作品、「団栗」(以前の日記でも紹介しました)
「竜舌蘭」などの特長を一口で言った言葉だそうです。
物理学者でもある寺田寅彦の作品は独特な感じがして、
なんとなくわかるような感じもします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
にゃんこの大好きなどんぐり?
2007 / 08 / 23 ( Thu )

どんぐりみたいなマタタビの実です。
近所にマタタビの木がないか探しましたが見つけられませんでした。

にゃんこがもっと大好きなのは、
虫がなかに入っていびつなカボチャのような形になったマタタビの実だそうです。
虫が入ることによる木の防御反応によって成分が濃くなるので、
にゃんこが大好きな成分も濃くなっているのかな?
どんぐりの木の虫こぶもタンニンなどの成分が濃くなっているので
昔からよく利用されてきたそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりに似た実 | コメント(2) | page top↑
どんぐり形の花挿し
2007 / 08 / 22 ( Wed )
どんぐりのような形の一輪挿しです。
蓋(帽子)はとれないつくりだそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 24 : 47 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
どんぐり月?
2007 / 08 / 21 ( Tue )
来週、どんぐり月?が見られるかもしれません。
dongurimoon_1
どんぐり月?月食で暗くなったところが帽子(殻斗)のつもり

2007年8月28日(火)に皆既月食があります。
皆既月食は、太陽と月の間に地球が並んで、
月が地球の影にすっぽり入ってしまう現象です。
影にすっぽり入るといっても真っ暗になるわけではなく、
暗めの赤黒い色で見られることが多いそうです。
国立天文台では「皆既月食どんな色?」キャンペーンもやっています。

月が登り始めたときにはもう月食が始まっているので、
晴れていれば、28日の夜早いうちに東の空を見ると見られると思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 39 : 00 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
水遣り
2007 / 08 / 20 ( Mon )
今年の夏は暑いです。
いつもの夏であれば夕立が降り、夜は多少涼しくなるのですが、
今年は、8月に入ってから夕立は1日?あっただけです。
クーラー無しでここ10年ほど過ごしているので暑さには慣れていますが、
日中はもちろんですが、夜寝るときにも扇風機は回しっぱなしです。

街路樹を見ても、たまに葉を茶色く枯らしてしまっている木を見ます。
水がたりないため、葉からの水の蒸散を抑えるために
みずから枯らしたのでしょうか?
枝先を見てみると数は少ないですが新しい芽を伸ばして
新しい緑の小さな葉をつけていました。

この夏に、体調が悪くて動けず水遣りもできない日が数日あったため
オキナワウラジロガシやピンオーク、クヌギなどの苗木
合わせて数本を枯らしてしまいました。
小さいポットに植えてあるものが多いため、雨がないと水遣りが大変です。
どんぐりの木をたくさん植えられるお庭が欲しいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
どんぐりの様子
2007 / 08 / 19 ( Sun )
数日前にマテバシイの木をみたところ、どんぐりがかなり大きくなっていました。
他のどんぐりの木はどんな様子なのか見に行ってきました。
donguri070819_1
シラカシの木、どんぐりはまだまだ小さいです。
donguri070819_2
シラカシの木の下には、
大きくなれなかったどんぐりの子供がたくさん落ちていました。
donguri070819_3
コナラのどんぐりはもうだいぶ大きくなっています。
donguri070819_4
まだ緑ですがかなりの大きさになっているものもいくつかありました。
donguri070819_5
コナラの木の下には、大きくなりかけのどんぐりや、
どんぐりに卵を産み枝ごと切り落とす、ハイイロチョッキリに落とされたと思われる
葉とどんぐりの付いた枝もいくつか落ちていました。
donguri070819_6
ウバメガシのどんぐりはまだまだすこしふくらんできたところのようです。
近くの公園のスダジイの木は早春に剪定されたからでしょうか、
実が見当たりませんでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 23 : 22 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
どんぐりゴッコ
2007 / 08 / 18 ( Sat )
「ドングリゴッコ」は北海道のランチョ・エルパソ(帯広ビール)で
少量作られたどんぐりを原料にしたビール(発泡酒)です。

どんぐりのついたカシワの木とリスのラベルがかわいいです。
どんぐり集めに対する「どんぐり論争」なども起きたようです。
今でも作られているかどうかはよくわかりませんが、
まだ作られていたら飲んでみたいです。

TVでCMもやっているよく知られているビールのラベルにも
どんぐりの木の葉のマークがのっているものがありますが、
気づいている人はいるでしょうか?

エビスビールのラベルのエビスさまをよーく見てみると、
ふくよかなおなかのあたりに、
どんぐりの木のカシワの葉っぱのマーク(蔓柏紋かな?)がついています。

恵比寿さまは柏紋が多いそうです。

ちなみに、エビスビールのビンのラベルには、
数百本に一本、2匹の鯛を持った恵比寿様のラベルのものがあるそうです。
(都市伝説についてのテレビ番組でやっていました。)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 57 : 08 | どんぐりを食べる | コメント(2) | page top↑
タンニンとカシワの樹皮
2007 / 08 / 17 ( Fri )
北海道の十勝平野は、カシワやミズナラの林で覆われていたそうです。
明治時代に北海道への入植、本格的な開拓が始まると、
平地に生えている木は利用しやすく、どんどん伐採、利用されていきました。

当時、兵隊のための革靴や、紡績機の動力伝導用革製ベルトなど
革製品の需要が多く、革なめし用に大量のカシワの樹皮を使って
タンニンを抽出して利用したそうです。

しかし、安くて品質の良いタンニンの輸入原料が入ってくるようになり、
クロームなめしなども実用化されはじめたので、
縮小していき、大正末頃には作られなくなったそうです。

<参考>

里山と人の履歴 新思索社 犬井正

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
ラテックスTOYドングリ
2007 / 08 / 16 ( Thu )
ワンちゃん用のかわいいお顔のついたドングリ形のおもちゃです。
ポンポリースというお店オリジナルの可愛いラテックスTOYで、
ラテックスの噛み心地が柔らかくていいそうです。

ポンポリースラテックスTOYドングリ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 37 : 22 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
どんぐりの切手
2007 / 08 / 15 ( Wed )
ちいさな森のどんぐり屋さんのHPの世界のどんぐりの切手のページに、
1979年ドイツのStieleiche(Quercus robur)ヨーロッパナラ
Rotbuche(Fagus sylvatica)ヨーロッパブナの切手を追加しました。
z_wstamp4.jpg
ヨーロッパナラのどんぐり、ヨーロッパブナの実とそれぞれの花と葉っぱが
大きく描かれていて、どんぐりの切手という感じがします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(2) | page top↑
もやしとどんぐりの木
2007 / 08 / 14 ( Tue )
もやしというと、スーパーや八百屋さんで売っている
大豆などのもやしを想像すると思いますが、
ここでいうもやしは違い、酒や味噌、醤油など麹菌の
発酵食品に作るときのもとになる種麹のことです。

私はまだ読んだことはないのですが、
講談社の漫画雑誌イブニングに連載中の、
「もやしもん」の主人公の沢木直保(菌が擬人化?して見える)が、
もやし屋(種麹屋)の息子という設定になっているので
もやし(種麹)のことを知っている人もいるかもしれません。
「もやしもん1~5巻」、アニメ化(HP)もされるみたいです。

酒屋(お酒を作っているところ)は、今でも、もやし屋(種麹屋)という
専門業者が製造した種麹を元にお酒を作っているところが多いそうです。

古くから、麹に木灰を混ぜて培養すると失敗が少ないことが知られていました。
もやし屋(種麹屋)では、種麹を作るときに椿、楢、クヌギ、樫の木などの灰を混ぜて、
アルカリ性にすることで木灰が麹菌以外のカビの生育を抑え、
麹菌の生育を助けているところもあるそうです。

いまでは、椿の木灰を混ぜるのがいちばんよいとされているそうですが、
クヌギなどのどんぐりの木の灰もまだつかわれることもあるそうです。

クヌギの灰

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
ナショナル・トラスト
2007 / 08 / 13 ( Mon )
ザ・ナショナル・トラスト(The National Trust)は、
100年以上の歴史がある、
自然や歴史的建造物の保存を目的とする英国の民間団体です。
会員の納める会費や寄付金などにより、美しい自然地域や文化遺産などを、
買い取ったり、寄贈・遺贈などにより入手し、保護・管理にあたっています。
同様な活動は、世界的な広がりを見せています。

ナショナル・トラストについては本なども多く出版されています。

そのシンボルマークは、(上の本の表紙の写真の上の看板にあります)
オーク・リーブズ(ヨーロッパナラのどんぐりと葉っぱのついた枝です。)
このシンボルマークのタグのついた「ザ・ナショナル・トラスト」の
いろいろな商品が日本でも販売されています。
N.T.E.ジャパン・クラブのHPによると、
これらはナショナル・トラスト活動に共感した企業が作った商品で、
その収益の一部が、英国や日本国内でのナショナルトラスト活動に
役立てられているそうです。

ちなみに、日本の「社団法人 日本ナショナル・トラスト協会」の
シンボルマークは、「青空にぽっかり浮かんだ白い雲」です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
ミッキーのかき氷器
2007 / 08 / 12 ( Sun )
大きなどんぐりに小さなどんぐりを2個つけたらミッキーになるのかな?

アリエテ ディズニーレッドシリーズ アイスシェーバー
冷蔵庫の氷(アイスキューブ)を使ってかき氷ができるそうです。
耳はシロップ入れになっているそうです。
今年の夏は、暑くて暑くて毎日かき氷を食べたい気分です。

ミッキーといえば、以前の日記で東京ディズニーランドの、
葉の丸い珍しいシイの木のマルバジイについてちょっと書いた覚えがありますが、
(マルバジイの丸い葉っぱ3つのほうがミッキーらしい?)

東京ディズニーリゾートのHPの「大人のあなたにも、ディズニーを。」の中の、
「花と緑の散策」の「2006年 12~2007年1月号」の記事に、
マルバジイが紹介されています。
東京ディズニーランドのオープンの時から植えてあるそうですが、
花は咲いても、今まで実が生った事がないそうです。
不思議ですね。(どんぐり(椎の実)が拾えないようで少し残念!)

植えられている場所のマップもHPにありましたので、
東京ディズニーランドへ行く機会があればマルバジイを見てきたいと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
マテバシイのどんぐり
2007 / 08 / 11 ( Sat )
donguri070811_1
公園のマテバシイのどんぐり
まだ完全に茶色くは熟してはいませんが、もう大きさは秋に近いですね。
この木には大きくなれなかったどんぐりの子供の数が多いようでした。

川沿いの手すりに、見慣れないトンボが止まっていました。
donguri070811_2
ネットで調べてみると、サナエトンボ科のオナガサナエのメスかな?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
ドングリ提灯
2007 / 08 / 10 ( Fri )
中国のどんぐり形の提灯です。
TVなどで見たことがあると思うのですが、いままでは意識していませんでした。
いわれてみればどんぐりの形に似ていますね。
 ドングリ提灯

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
エイコーンナット(acorn nut)
2007 / 08 / 09 ( Thu )
エイコーンナット(どんぐりナット)とよばれるナットがあります。
(acornは英語でどんぐりのこと)
ナットといえば、ドーナツ(doughnut)のようにまん中に穴があいた、
ネジを留めるためのものです。
そのうち、ネジの先が出ないように穴の一方が袋状になっている
日本で「袋ナット」といわれているものを、
外国では、「エイコーンナット(acorn nut)」や、
「キャップナット(cap nut)」などと呼ぶところがあるそうです。

日本でよく売られている袋ナット(どんぐりにはあまり似ていません。)
外国のものには、もっとどんぐりに似た形状の袋をしたものがあります。

ナット(nut)はナッツ、いわゆる木の実(堅果)の意味もあり
どんぐりもナッツ(堅果)の一種であるので、
知らない人は、acorn nutを、どんぐり木の実?と考えるかもしれませんね。

[蛇足]
ナットの説明に使ったドーナツ(doughnut)も、
dough+nutでナッツ(木の実)が語源になっているそうです。
ナッツ入りドーナッツがオリジナル?どうなっつでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
どんぐりの木の模型
2007 / 08 / 08 ( Wed )
鉄道模型などを作っているトミーテック(TOMYTEC)の
情景コレクション ザ・樹木シリーズVol.3 008で
どんぐりの木のクヌギの木の模型がでます。

トミーテック 情景コレクション ザ・樹木Vol.3 008 くぬぎ

他には、ケヤキ、スギ、クロマツ、サクラ、タケ、シラカバ、
ムク、クヌギ、カラマツなどの樹木の模型があります。

米国プラストラクト社のオークの木の模型(2種類)、ブナの木
こちらは完成品です。

食玩などで、日本のどんぐり、世界のどんぐり、日本の樹木、世界の樹木
などのシリーズが出て欲しいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 03 : 34 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
クヌギのまるまった葉
2007 / 08 / 07 ( Tue )
クヌギの苗木の枝先の葉っぱが、
内側にまるまってしまい筒のようになっています。
donguri070807_1
なぜ、葉がまるまってしまっているかというと、
新しい葉がまだやわらかいときに、
アブラムシが葉の裏の葉脈にびっしりついて樹液を吸ったためです。

筒状の葉をひらいてみるとたくさんのアブラムシと、
アブラムシの出す甘い蜜を吸いにきているアリが数匹いました。
木搾液をかけてみたのですがあまり効果がなかったので、
しかたなく薬をかけて駆除しました。
駆除して数週間たったのですが葉はまるまったままです。

おまけ、
今日の朝、ポットに植えてあるレッドオークの苗木の葉のうらに、
donguri070807_2
セミのヌケガラを見つけました。アブラゼミのものでしようか?
近くに地植えの木はないので、
おとなりの庭の木からてくてく歩いてきたのでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
レッドデーターブックに載っているどんぐりの木
2007 / 08 / 06 ( Mon )
環境省の作るレッドデーターブックの見直しが行われ、
ジュゴンのランクが絶滅危惧ⅠA類(CR)に上がったと
数日前のテレビのニュースでやっていました。

環境省のホームページ(報道発表資料:2007年8月3日発表)を見てみると、
哺乳類では、絶滅(EX)は4種、
オキナワオオコウモリ、アガサワラアブラコウモリ、
エゾオオカミ、ニホンオオカミで、
絶滅危惧の中で一番高いランクの絶滅危惧ⅠA類(CR)
にジュゴンが入っています。
もう見かけなくなってから長い年月のたっているニホンカワウソも
このランクに入っています。

どんぐりの木にもレッドデーターブックに載せられているものがあります。
絶滅危惧Ⅱ類(VU)「絶滅の危険が増大している種」に入れられている。
ハナガガシ(Quercus hondae)です。(これは以前と変わりません)

ハナガガシは九州や四国のところどころに局地的に生えています。
その一部は国、市町村の天然記念物に指定され保護されていますので、
すぐ絶滅ということはないでしょう。

でも、なぜハナガガシは他の樫の木と違って局地的にしか
生き残っていないのでしょうか?
なにか要因があるのか?知りたいです。
donguri070716_1
育てているハナガガシの苗木

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 45 : 46 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
どんぐり梅
2007 / 08 / 05 ( Sun )
駄菓子屋さんなどで売っているのかな?(私はまだみたことありません)
甲州特産、どんぐり梅です。(カリカリ梅みたいなものです)
なんでどんぐりなのか?形かな?
㈱ヨネヤマ食品工業で作っています。
どんぐり梅

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 04 : 55 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
クヌギとトチの木
2007 / 08 / 04 ( Sat )
毎年どんぐりを拾いにいっている公園のくぬぎの木を見てきました。
donguri070804_1
このようなまだ小さなどんぐりがたくさん実っていました。
donguri070804_2
葉の裏に不気味な黒い影が… 葉をかじった犯人かな?
donguri070804_3
樹液をだしていないので虫はあまりいませんが、ニイニイゼミが一匹いました。

donguri070804_4
他の公園では、トチ(マロニエ)の木に実がなっていました。

栃(トチ)の実は、どんぐりと同じく縄文時代からよく食べられていた木の実です。
どんぐりと同じようにアク抜きをしないと食べられませんが、
いまでも田舎ではトチの実を使ったトチ餅などが作られていて、
食べられたり、売られたりしてします。
 とち餅
日本では、どんぐり食はほとんど残っていないのに、
なぜトチの実食は多くの地方で残ってのこっているのでしょう?
実が大きいからでしょうか?

どんぐりの木のように、炭や薪、ほだ木など他の目的のために伐採されることが少なく、
人家の近くに植えておけば毎年コンスタントに実を収穫できるからでしょうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(2) | page top↑
アボカドの種
2007 / 08 / 03 ( Fri )
アボカドの種です。
donguri070803
スーパーなどで売っているアボカドの果実の中に入っている茶色い種です。
今日の晩御飯には、暖かい御飯にアボカドとワサビ醤油をかけた、
おいしいアボカド丼を食べました。

アボカドの種は植えると、どんぐりと同じように種から根と芽を伸ばして育ちます。
水につけておいても(水が腐らないように管理が必要)、土に植えても育つそうです。
これもどんぐりに似ていますね。
私は置き場所がないので植えようかどうか悩んでいます。
アボカド

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 59 : 13 | どんぐりに似た実 | コメント(0) | page top↑
どんぐり曜日は何曜日?
2007 / 08 / 02 ( Thu )
どんぐり曜日をつくるとすると何曜日がいいかな?
どんぐりは木になるから「木曜日」かな?

木曜日は、英語では「Thursday」、ドイツ語では「Donnerstag」といって、
武器が稲妻の北欧神話の「トール神」の名前から名づけられています。
その「トール神」の樹とされているのがどんぐりの木のオークです。
ということで、どんぐり曜日は木曜日にするのがいいかもしれません。

ヨーロッパでは、巨木になるどんぐりの木のオーク(ヨーロッパナラ)
によく雷が落ちるためか、
雷神がどんぐりの木のオークとよく結びつけられていて、
他の国の雷神、ギリシア神話のゼウスやローマ神話のユピテルなどの樹も
オークとされています。
どんぐりやオークの木の枝を、雷避けにする風習がある地方もあるそうです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 56 : 35 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ