スダジイの花
2009 / 05 / 09 ( Sat )
公園のスダジイの花が満開になっています。
donguri090509
風が強かったのでそんなに強くはなかったですが、花の香りもただよっていました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
ピンオークの斑入りの葉
2009 / 05 / 08 ( Fri )
育てているピンオークの苗木のひとつに斑入りの葉が一枚ついていました。
donguri090508
一枚だけの斑入りの葉はときどきでるようです。、

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
どんぐりのチャームのバングル
2009 / 05 / 07 ( Thu )
ディズニークチュール(Disney Couture)のかわいいバングルで、
どんぐりのチャームがついています♪
どんぐり以外に、バンビヘッドとウサギのチャームがついています。
ディズニークチュール Disney Couture バングル バンビ グリーン

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
ヨーロッパナラの花
2009 / 05 / 06 ( Wed )
今年も鉢植えのヨーロッパナラに花が咲きました(1ヶ月程前の写真です)
donguri090506
下にたくさん垂れているのが雄花で、上の枝先に伸びている柄の先についているのが雌花です。
去年より花はたくさんついていますが、今年はどんぐりを実らせることができるでしょうか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
かしわもち
2009 / 05 / 05 ( Tue )
ニュース記事に、「かしわもち 葉っぱ17種類確認」というものが載っていました。

かしわもちといっても、包む葉っぱはカシワだけではなく、
関西以西では、サルトリイバラが中心で、コナラやホオノキ、ヤブツバキ、ミズナラ、マテバシイなど
もつかわれていたそうです。

端午の節句に食べられるものとしては、ちまき、かしわもちがありますが、
ちまきは元は中国の風習で古い時代から日本に入ってきているそうですが、
かしわもちは江戸時代から関東を中心におこったものだそうです。
わたしも郷土料理の本などを見て、地方のかしわもちの葉の調べたことがありますが、
やはり関西以西はサルトリイバラが多かったです。
カシワの木が少ないからでしょうか。

わたしが調べた中でですが、どんぐりの木の葉では、
他にはアベマキ、カシの葉などが使われていた地方もあるようです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
街路樹のシラカシの花
2009 / 05 / 04 ( Mon )
車の通行量の多い道(府中街道)の街路樹のシラカシが珍しく花をつけてました。
donguri090504
この木を数年みていますが、道路のすぐ横の木なので定期的に剪定されていて、
花が咲いているのを見るのは今回が初めてです。
どんぐりも実るかな?

ときどきどんぐりを拾いに行く公園に、「樹木剪定のお知らせ」という看板がでていました。
生育環境と安全の確保のため、樹木の剪定および伐採を行うそうです。
どんぐりの木もかなり伐採されてしまうみたいです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
どんぐりーの
2009 / 05 / 02 ( Sat )
どんぐりーの」というどんぐりの形をしたティーカップ型のアトラクションが
今年、「浜名湖パルパル」にできたそうです♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
鳶の餌の貯蔵庫
2009 / 05 / 01 ( Fri )
作家、水上勉の本には、ある椎の木がよくでてきます。
てっぺんの梢が折れ、穴があいて土がたまり、
鳶(トビ)が食糧の貯蔵庫に利用している椎の木です。

ブンナよ、木からおりてこい
では、椎の木に登り土の中に隠れているトノサマガエルのブンナが
鳶に餌としてそこにつれてこられる雀、百舌、蛇などのやりとりを聞きます。
子供にも読めて、考えられる作品になっています。

この、鳶(トビ)の餌の貯蔵庫になっている椎の木は、

雁の寺」の中にもでてきます。主人公を象徴するもの?なのでしょうか。

また水上勉が戦時中に分教場の教員をしていた様子を描いた作品
椎の木の暦」の中に、小さい頃に、父から聞いた椎の木のてっぺんの洞穴の話、
鳶の餌を蓄える穴があるということを子供たちにするところも書かれています。
小さい頃の水上勉の胸に深く残っていたものなのかもしれないですね。

これから大きな椎の木を見たら、鳶の餌の貯蔵庫になっていないか観察してみようと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |