三鷹市下連雀の八幡大神社のスダジイ
2011 / 02 / 22 ( Tue )
三鷹市下連雀の八幡大神社のスダジイ

すこし前に、三鷹市の天然記念物に指定されているスダジイの木を見てきました♪
場所は交通量の多い交差点にある神社なのですが、大気汚染にもへこたれず、
このスダジイの巨木は、お日様をいっぱい浴びてとても元気なようでした。
donguri110222_1
左手のおおきくてこんもりしたのがスダジイです♪
右手の社殿と比べると大きさがわかります。
神社の楼門の新築工事中でしたが、スダジイの下には行くことができました。
donguri110222_2
御神木三鷹市の天然記念物と書かれた木の立て札がたてられています。
donguri110222_3
巨木のわりには、周りが乾燥しているからなのか、
樹皮の割れ目の色がいままで見てきたスダジイの古木たちよりも若々しい感じを受けました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 16 : 43 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
去年拾ったどんぐり
2011 / 02 / 21 ( Mon )
今年、はじめての書き込みです。

パソコンの動作が遅く、待っている間に本を読むようにしたら、
読書にはまってしまいまして・・・
ここをサボっている間は、どんぐりの目を通していろいろな本を読んでいました。
こんなに本をよんだのは小学校以来でしょうか。
日本の本や、邦訳されている世界の本も、古典からいろいろ読んでみました。

どんぐりやどんぐりの木がどのように思われていたのか、
国や地域による違いも、共通点もいろいろと感じました。
おいおい紹介していこうと思っています、



いきなりですが、クイズです!!

これはどこで拾ったどんぐりでしょうか?>(答えは後日お知らせします)

去年、拾ったマテバシイとシラカシのどんぐりです。
donguri110221
このマテバシイのどんぐりは、名木を紹介する本にも掲載されたこともある
東京でいちばん有名?なマテバシイのものです。

明治から昭和初頭に活躍したある作家の庭(今は公園になっています)に植えられ、
その著作に中に登場したこともあります。

ある作家のヒント
・龍馬伝にも少しだけ出ていた維新の十傑の1人儒学者・横井小南の親戚にあたります。
・明治時代には、勝海舟の氷川邸内で借家住まいしていたことがあります。
・お兄さんは関東大震災のとき波にさらわれて亡くなった(うそ)とのウワサが流されました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 43 : 00 | どんぐり | コメント(0) | page top↑
| ホーム |