FC2ブログ
ワイルドオークの香
2019 / 01 / 30 ( Wed )

花王 リセッシュ除菌EX Dパワー ワイルドオークの香りです。

ワイルドオークの香りという、
香りの名は、あまり聞いたことがありません。
どんぐりの木のオークの木の香でしょうか?

香をブレンドして似た作り上げたのか?
オークの木のチップから抽出した精油を使ったのかわかりません。

ネット上の評判では、
おじさんの香水の匂いとか、
けっこうひどい?ことを書かれていますが、
消臭力は確かなようです。

香水ではオークモスという
オークにつく苔の香がブレンドによくつかわれます。
それかな?とも思いますが違うかもしれません。


どんぐりを圧縮して油を抽出するものや、
どんぐりを煮てその蒸気を冷やして精油を取る
海外の動画を見たことがあります。

日本の植物等から精油を作っている人もいます。
スギ、ヒノキだったか?
趣味でもいろいろな種類で作られているようです。

他の植物はどうでしょう?
精油は原料に対してとれる量が少ないため
小さな設備では精油として使える量は
とれないものも多いようですが、
でも原料から蒸溜された水には香りがついているものが多いようです。

自分の好きな香の植物で作ってみたら
好きな香りをいつでも楽しめるかも?
ただし、かなり多い量を準備する必要があるかも。
スポンサーサイト



22 : 25 : 59 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
外来種
2019 / 01 / 29 ( Tue )
最近では、鳴く虫のアオマツムシを外来種として紹介しました。
根粒菌?のときに触れたニセアカシアもそうだし、
アカボシゴマダラ、チュウゴクオオサンショウウオ等ほかにも
ここではいくつか紹介しています。

DNAの解析がはじまり、
生物の分類も少し前の常識から、
見直され始めています。

テレビ番組などでさいきんよくみる
沼や池の水を抜いて干す、
かいほりなどを見ていると、

ちいさいときから親しんだクサガメやコイも
今では外来種と考えられるようになり、
駆除や排除の対象となることもあるみたいです。

昔の図鑑で覚えたことが、
今では見直されていることもけっこうあります。
そのうちクイズ問題にもなるかもしれないですね。


ここにも、すでに書いたしれないですが、
どんぐりの木、フナ科のグループは、
今のところ大きな変化はないようです。

形態などから、
進化上近い科や仲間として考えられていたものが
実は思ったより遠かったり、その逆もあるそうです。

(DNA解析と関係があるかはわかりませんが
どんぐりの木の北米のタンオークが、
ニセマテバシイ属として一属一種独立したようです?)

チュウゴクオオサンショウウオなどは、
既存種の国の天然記念物のオオサンショウウオと
交雑するので対応は大変だろうが、
駆除はすすんでいるのか?
もう駆除されてるといいけど。

生き物は見えないところで、
つながっているところも多いので
目につかない地中や微細なところで
もうすでにいろんなことが起きているでしょう。

遺伝子組み換え作物や、
それ専用の農薬
もう、何もないことを


日本のどんぐりの木もヨーロッパナラなどとの交雑が起こる。、
ヨーロッパナラの近くで拾ったどんぐりを育てたもののうち、
明らかに、見たことのない奇妙な葉をつけているものがあり、

交雑種?としてそれを写真で紹介して、
あまり、植えないほうがいいと書こうと思っていたが、
ストレスで、世話ができず枯らしてしまった。

以前も書いたが、交雑する可能性のある種は、
あまり持ち込まないほうがいいと思う。
影響がわからないから。

病気などもある。
イギリスなどは、
自国のオークの木を病気から守るため、
外国からのオークの木には、検疫を義務づけている。

日本は全数検疫しているのかな?
日本は問題が起きてからしか
動かないことが多いので
作物でないどんぐりの木はどうだろう。

盆栽人気で、日本の木が
外国に密輸


日本から持ち込まれた生き物で、
外国で問題になっているものも

22 : 07 : 35 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
Mossy Oak(モッシーオーク)
2019 / 01 / 26 ( Sat )
Mossy Oak(モッシーオーク)とは、
自然の葉や枝、樹皮などの図案の迷彩柄のようです。
(調べてみましたが正確にはわかりませんでした)

名前からでしょうか?
ドングリの木のオークの葉を図案に使っているものがわりと多いようです。

これはアメリカのMossy Oakというメーカーのものです。
(正面にレッドオークの葉がいくつか配置されています)

他のメーカーでも
Mossy Oak柄のハンター、アウトドアの服装一式がたくさん作られています。
森の中で着用している写真を見ると、
周りの景色に溶け込んでいます。

迷彩でなくても、自然のものを写真から加工(切り貼り等)して、
デザインしてみると面白いかもしれません。
22 : 36 : 33 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
樫と楢のどんぐり絵柄の小皿
2019 / 01 / 25 ( Fri )

樫と楢のどんぐり絵柄の小皿です。
ちゃんと書き分けられています。


18 : 43 : 37 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
真鍮製どんぐり型のペンシル
2019 / 01 / 23 ( Wed )

どんぐり型の、
手のひらにおさめて書く、真鍮製のペンシルです。
回すことで芯を出したりひっこめたりします。

普通の鉛筆に比べて、小さな文字は書きずらそうですが
何か違う感覚で、物が書けそうですね。

多く追及されている、
今の書き方での、
書きやすさを追求した筆記用具もいいですが、

新たな書き方、用具を追求していくのも、
面白そうですね。
22 : 11 : 20 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
アメリカンホワイトオークのミニ樽
2019 / 01 / 22 ( Tue )

アメリカンホワイトオークのミニ樽です。

ここを始めたころは、日本のどんぐりの木を樽としてつかうところは、
ほとんどありませんでしたが、
試験的?に使うところはありました。
コナラの樽熟成のお酒などを紹介したことを覚えています。

最近では、日本のミズナラの木がウィスキーの樽材として
世界的にかなり高い評価を受けて、多く作られるようになり、
大手メーカーも日本産のミズナラ樽熟成をアピールしています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シーバスリーガル ミズナラ 700ml 40度
価格:3780円(税込、送料別) (2019/1/22時点)





地方でも、地元のミズナラの樽熟成で、
地方色をだそうとしているところもいくつかありますし、

ミズナラの木が不足して高騰しているみたいで、
スギ、ヒノキの代わりに、ミズナラを植えるところもでてくるかもしれません。
花粉症対策にいいかも?
(植えすぎると今はほとんどないナラの花粉症が多くなる?こともあるかも?)

日本では、昔、北海道にミズナラやカシワの森がたくさんありました。
明治時代から、屯田兵などの開拓で多くの木が伐採されましたが、
雑木として扱われ、
国内では、薪や線路の枕木ぐらいにしか使われていませんでした。

それに目をつけた西洋人が、
二束三文で買いたたき、高級家具材として輸出して、
(西洋では、どんぐりの木(オーク)は高級木材の代表ですから)
日本人がその価値に気づくまで、大いに儲けたそうです。

その、ミズナラがまた新しい価値を見出されたようですね。
でも樽にできるような大きな木は、今は少ないように思います。
23 : 37 : 34 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
問題
2019 / 01 / 21 ( Mon )
大学入試の時は、自分で面白そうな問題を考えたりもしました。
今では解けません。



1/2の確率で勝利できる賭けゲームがあります。

負けた場合は賭けコインは没収です。
買った場合は賭けたコインの倍のコインがもらえます。

最初に1コインを賭けて、
・勝ったときは、次も1コインを賭けます。
・負けた時は、下記のように、2、4と掛けコインを倍々にしていきます。
そして、勝った時点でリセットし、また1コインから賭けを繰り返します。


1:(1*2)=2
2:(2*2-(1+2))=1
4:(4*2-(1+2+4))=(8-7)=1
8:(8*2-(1+2+4+8))=(16-15)=1
16:(16*2-(1+2+4+8+16))=(32-31)=1

つまり、勝てば、
今までの損失と余分にコイン1枚だけ、
取り戻せるように賭けていきます。


このような賭け方をするとして、

・時間が無限にあると仮定して、
99%の確率で100コインをもらうためには、
何枚の元手のコインが必要でしょうか?

・無限にコインを持っている仮定した場合、
1ゲーム1秒として、
100コインもらうのに平均何秒必要でしょうか?

13 : 08 : 32 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
オークの葉のピンバッチ
2019 / 01 / 20 ( Sun )




西洋の軍隊の植物図案には、
昔からオークの葉の図案が用いられることが多いです。
12 : 09 : 55 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
落ちない葉
2019 / 01 / 19 ( Sat )
センター試験の最中です。
受験生の方は、体調を整えて、
普段の力を発揮できるといいですね。

私のときは、似たような共通一次試験という試験がありました。
電車に乗り、初見の受験会場まで行ったこと意外は、
あまり、記憶には残ってないです。

この時期には、合格の縁起担ぎとして
いろいろなものがでてきます。
落ち着いて試験を受けられる
助けになるといいですね。

少し前に紹介した、マンホールカードなども、
落ちないための蓋ということで、お守りにされているようです。

どんぐりの木も、

数本植えられたコナラのうち、
枯れた茶色い葉を落とさずに越冬する木が1本だけあって、
合格の木と命名されたものがあるそうです。

そういえば、近くの幼稚園のカシワの木も、
毎年、春、芽吹きの前まで葉を落とさずにつけています。
カシワの葉については、俳句の季語にもなっています。

ドングリの木の葉の落とし具合は、
木の個体の個性にもよりますし、(枝にもよります)
木の生えている場所、その年の天候など環境にもよります。

木では、
どんぐりの木と同様に枯葉を落とさない、
ヤマコウバシの葉などがしおりにされて
お守りにされているそうです。



中学校の入試問題?です。
見ていないので、細かいところは違っているかもしれません。

あなたが、もし大人でクルマを運転しているとします。
目的地の到着予定時間に
まにあうようにするためには、
それほど余裕はありません。

あまたは、今、、交差点で、
クルマを赤信号で止めています。

しかし、赤信号が長い時間つづいていて、
なかなか青信号に変わりません。

あなたは、その時どうしますか?

信号がなかなか変わらないのは
いろいろな原因があると思われます。

それぞれ思いつく原因と、
それぞれの場合あなたはどうするか
そのなぜそうするのか理由も含めて、
思いつくだけ、すべて書いてくだい。

23 : 37 : 53 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
昆虫食
2019 / 01 / 18 ( Fri )
縄文時代には、どんぐりを食べていたといわれています。

イナゴの佃煮だけは、食べたことがあります。
姿を見なければ、おいしかったような。

あまり資料はありませんが、
縄文時代には昆虫も、よく食べていたのでは?と


リスなどは、
どんぐりの中のゾウムシの幼虫を
結構好んで食べるようだし、
人間もたんぱく源のおやつとして食べてた?

遺跡になにか痕跡、残ってないかな?
23 : 23 : 22 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
2019 / 01 / 16 ( Wed )
月の裏側に着陸した中国の探査機の中で、
綿が発芽したそうです。

月は地球に対して常に表面を向けているので、
月の裏は、地球から直接観測もできないし、
電波での制御もできません。

中継用の衛星を先に打ち上げていて、
それを経由してコントロールしているそうです。

重力のほとんどない宇宙ステーションで、
すでに植物や動物などの実験は進んでいますし、
特に目新しいことは少ないと思いますが、

次のステップはどんなものになるでしょう?
月の土?光?などを用いる?

じゃがいもの苗、イースト菌、ミバエの一種の卵も積み込んでいるそうで、
探査機の中で、繁殖する可能性もあるかも。

中国は2020年までに、
太陽光を反射する照明用の人工衛星を打ち上げるとも
報じられていますし、どんどん宇宙開発をすすめるようですね。

日本の探査船が月に着陸するのは
いつになるのでしょうか?
月の探査はもうしないのかな?

20190116.jpg
一か月以上、窓際の光があたるところにおいて、
水も与えず、全く世話をせずに、ほおっておいた植物です。

プリンカップで蓋をして管理しているので、乾燥してはいません。
まだ元気そうですね。

数か月前は、まだ上には伸びていなかったのですが、
(あることをしたからかどうかわかりませんが、)
急に上に伸びてきて、近くで見るともう森のよう。

ほぼ、この状態で3ヶ月程。
次はどのように変化するでしょう?

どんぐりも、水さえ与えておけば
発芽してからしばらくは
室内の蛍光灯の光でも育てることができますが、
徒長し(光を求めてひょろっと伸び)て、
光が弱すぎてそのままにしておくと枯れてしまいます。
23 : 59 : 59 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
スマホはどんぐりのひとつ?
2019 / 01 / 14 ( Mon )
TALL OAKS GROW FROM LITTLE ACORNS.
大きなオークの木もちいさなどんぐりから育つ

2010年にノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんと根岸英一さんの
共通の師であるブラウン博士の座右の銘の言葉で、
日本にもそのとき紹介され知られるようになった言葉です。

ひとつぶのどんぐりが順調に育つと大きなオークの木になります。
そのオークの木はたくさんのどんぐりを実らせます。

ARMアーキテクチャを採用したプロセッサは
今、ほとんどの携帯、スマホに使われてす。

ARMの設計は、1983年にエイコーン・コンピュータ(英)によって開始されました。
エイコーン(どんぐり)という名称は、
今後大きく成長することを期待して名づけられました。

ARMは当初、Acorn RISC Machineの略でしたが、
今では、Advanced RISC Machinesとなり、
会社もARMホールディングスに、

いま、その木(ARMホールディングス)を所有しているのは、
ソフトバンク・グループ

さらに、その木が大きくそだつのか?
実らせ落としたどんぐりが育つのか?

それとも、環境の変化などにより、
他の種類の木が大きくそだつのか

これからどうなるでしょう。
09 : 21 : 41 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
シイタケのどんぐりマーク
2019 / 01 / 13 ( Sun )
最近、国産として売られているきのこの中にも、
安い中国、韓国から菌床を輸入し、
それを利用して、国内で栽培されたものが増えています。

国産のシイタケで、
国産の木や木から作られた菌床(75%以上)で生産したことを示す
登録商標:どんぐりマークが作られました。
クヌギ、コナラの葉とどんぐりの図案のマークです。

近くのスーパーにマークのついたものがあるかも?
探してみてください。
20190113.jpg
左上のマークです。
日本産広葉樹おが粉使用、とかかれています。




シイタケは世界中で結構人気のようですね。
10年?程前ここにも、

ブラジルの日系移民の人が、
クヌギの木をブラジルに植えて育て、
シイタケ栽培を計画していると記事に書きましたが

今はどうなっているでしょう。
すこし前に、テレビで一度だけブラジルでもシイタケが人気と
いうような情報を見たような?
21 : 55 : 43 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
コルクレザー
2019 / 01 / 12 ( Sat )
コルクレザーの製品が増えてきています。







ウチヤマコルクは、
日本の古いコルクメーカーの内山工業株式会社の製品です。

内山工業(株)は、
以前、ここで紹介した、
今は自動車メーカーのマツダの前身の、
東洋工業(株)のコルク部門を引き継いだ会社で、
今でも、コルクの製品を作っています。

いろんなメーカーでいろいろな品物が作られているので、
品質、耐久性もかなり上がってきているのでしょう。


コルクといえば、どんぐりの木のコルクガシの樹皮ですが、
昔から使われていた天然素材で、
古代ギリシャの本の中にもでてきます。

何年か前に、ここに書きましたが
ワインのコルク栓の需要が
スクリューキャップの採用などで減って、

コルク産業も衰退し、
コルク樫の森も失われていくのではないかと危惧されていて、
新しいコルクの需要が模索されていると。
それがだんだん進んでいるのですね。


今では樹皮だけでなく、
木も薄く剥いで樹脂を浸透させ薄く丈夫に加工する技術も、
開発されています。

バックなど、いろいろなものが作られていますが、
そのうち、鉄筋の家でも、木を張り付けて、
木の香りや柔らかさを感じる家が作られるようになるかもしれません。
21 : 23 : 33 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
どんぐり帽子風フタ付マグ
2019 / 01 / 11 ( Fri )

シリコンのどんぐり帽子風のフタが付いたマグカップです。


厚生労働省の基幹統計のひとつ毎月勤労統計調査
正しく調査されていなかった影響で、
のべ約2000万人、537億円過少給付という。

私も当てはまるかどうかわからない。
問い合わせをする必要があるのか?

さかのぼって支給といっても、
一人一件と仮定して平均をとっても、
1件、2690円程、

システム改修費、事務、調査費、通信費どれくらいになるか?
22 : 43 : 31 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
なんでしょう?
2019 / 01 / 08 ( Tue )
丸いですが、どんぐりではありません。
20190108.jpg
一番上の直径が1㎝ぐらいです。
普通の土や石より軽く、
ぶつけ合うと、おはじきをぶつけた時のような
軽い高い音がします。

去年の11/13日、
多摩川の河川敷のニセアカシヤの木の根元でみつけました。
台風で根元から倒された木の根元でです。

倒された木の根元の、根っこの上の土をよく見た時に、
表面に、土がまるまったようなものを見つけ
手にとって見たら、けっこう硬く、とても軽く感じました。
周りを探すと、同じようなものが合計6個見つかりました。

ニセアカシアはマメ科の木なので、
空中の窒素を固定化し、土を肥やすことで有名な、
根粒菌の乾燥したものかな?と思っていますが

河川敷なのでゴミなのかも??

ネットには根粒菌の写真があり、それには似ていますが、
重さや硬さなどについて触れている情報はありませんでした。

一応、標本としてとってあります。
ひとつ磨いてみようかな?
期待はあまりできないけど、
綺麗な模様がでるかも??
23 : 21 : 11 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
シラカシの高垣
2019 / 01 / 07 ( Mon )
20190107.jpg
数年前に一度、近所にある見事なシラカシの高垣として紹介したものです。
しばらく、広い道に接した建物が取り壊され、
広い通りから全体をよく見られるようになっていました。

今は、工事が始まり、前の敷地が囲われて、
通りからよく見えなくなっています。
去年、その前に撮影したものです。

シラカシの高垣は、家の敷地の一面だけですが、
よく管理されています。
写真を見てもわかるように、
(剪定されてほどないようですが、)
剪定も丁寧に行われています。

背の低いシラカシの生垣は、しばしば見ることはありますが、
高垣は都会ではあまり見ることはなくなりました。
00 : 56 : 56 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
塀の中のスダジイ
2019 / 01 / 06 ( Sun )
20190106.jpg
塀の中にスダジイの木がはさまって埋まっています。
道路の拡張などでこういう形で残すことにしたのか?
木は成長するから塀の管理が大変だと思うのですが。

おととし、撮影したものです。
東京尾の六義園からすこし離れたところだったと思います。
六義園の周囲の道をまっすぐ最寄の駅のほうに歩いていった途中にあったような?

23 : 59 : 59 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
川崎市緑化センター
2019 / 01 / 05 ( Sat )
去年の秋に、自転車で川崎市緑化センターに行ってきました。
20190105_1.jpg
ピンオークの木
20190105_2.jpg
シリブカガシの木です。花をつけています。
わりと珍しいどんぐりの木はこの2種でした。
20190105_3.jpg
ユーカリノキの花を初めてみました。
碧空を背景に紅く華やかに咲いていて印象的です。
虫(アブ?)も来ていました。(真ん中少し上の空中に浮いた点がそうです)
10月末に行ったので、その前後に行くと花がみられるかも?

---

今春、史上最年少の10歳の囲碁のプロ棋士が誕生、
英才特別採用推薦棋士の第一号だそうです。
将来、女流のタイトルだけでなく、
女性初で、一般タイトルをとるかも?

スポーツでは、男女が分けられています。
囲碁や将棋なども、
まだ一般タイトルをとった女性はいないようで、
そのためか、女性だけのタイトルが作られています。

男性より女性が優れた生来の能力を
生かせる競技が考えられるといいかも。

考えてみませんか?
20 : 50 : 11 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |