FC2ブログ
植物の蛍光
2019 / 03 / 27 ( Wed )
植物の蛍光

どんぐりの木の芽が開き始めているが、
そこが光っているように見える。

鉱物用のミネラライトではなく、
安く市販されている、

ブラックライトの蛍光灯、LEDなどでチェックしたので
わかりづらかった。

いろいろ照らしてみると、
世界が変わって見えるかもしれませんよ。

ただし、光を直接見て、目を傷めないように。
スポンサーサイト
22 : 03 : 00 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
地味に
2019 / 03 / 25 ( Mon )
口内炎は地味に効く

舌の血豆潰したところが、

まだ痛い。

食べても飲んでも

まだ痛い。

06 : 29 : 42 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
縄文少年ヨギ
2019 / 03 / 20 ( Wed )
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

縄文少年ヨギ (ちくま文庫) [ 水木しげる ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/3/20時点)


水木しげる先生の作品、縄文少年ヨギです。

縄文時代のどんぐり村に住む少年、ヨギの物語です。

どんぐり村の祖先神が宿っている木もあり、
どんぐり村のものは、どんぐりの子孫だそうです。
どんぐり餅やどんぐり酒なども登場します。

水木先生らしい?お話が多いです。
19 : 47 : 29 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
どんぐり柄の日傘
2019 / 03 / 19 ( Tue )

どんぐり柄の日傘です。
23 : 07 : 25 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
鎌倉彫のどんぐり
2019 / 03 / 15 ( Fri )
鎌倉彫のどんぐり
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

姫鏡 木製 漆 鎌倉彫 小さくて丸い鏡 どんぐり
価格:9720円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

姫鏡 木製 漆 鎌倉彫 どんぐりのポケットミラー
価格:9720円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドングリのブローチ 木製 漆 鎌倉彫
価格:11880円(税込、送料無料) (2019/3/16時点)


23 : 59 : 59 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
芽吹き
2019 / 03 / 10 ( Sun )
暖かくなって植物が芽吹きはじめています。

どんぐりの木の、芽吹きや花が開く様子を
動画としていろいろ記録し公開しようと
考えていましたが、今年は間に合わないようです。

来年の春に、撮れるようにしよう。
普通に撮ればいいもの、
ハイスピード、長時間とか
室内、屋外、定点、
いろいろ撮影方法考えておこう。
08 : 20 : 14 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
植え替え後
2019 / 03 / 09 ( Sat )
鉢に植え替えたどんぐりの木

常緑、落葉両方あり、
落葉は芽吹きを見ないとわからないが

常緑樹は残した葉の様子で
根付いているかだいたいわかる。

今のところ、完全に枯れた、とわかるものはない。

葉がほとんど萎れたものもあるが、
その中に数枚、なんとか生きていそう?な葉もある。

細い根が生え始めているところか
しばらくは、風で揺れないようにしないと


ヒイラギのカワイイ苗が育っていたので
そのまま育てている。

植え替え前、
いろいろな種類の鳥が来ていたが、
その、うんのついた落し物か。
05 : 18 : 24 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
オークリーフ型のホールド
2019 / 03 / 08 ( Fri )

どんぐりの木の葉っぱの形のクライミングのホールドです。

スポーツクライミングがオリンピック競技になって、
さらに盛んになっています。

できるところも増えて、
ここらへんでは調布市にもいくつかあります。



調布駅近くの甲州街道沿いに
スーパーのオーケーができるそう。
オーケーはスーパーの中では
人気ナンバーワンと聞いているので、

オープンする夏には既存店との競争が激化する?
今年は、暑い夏になる!?
01 : 00 : 28 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
どんぐりバードコール
2019 / 03 / 03 ( Sun )

どんぐりの形のバードコールです。

鳥は恐竜の子孫です。
空を飛ぶことによって、種の生き残りを計ったのでしょうか?
(飛べないとりもいますが)
人間が知能を身に着け、道具を作り生き残ろうとしています。
どちらが最後に生き残っているのでしょう。


どんぐりを食べる鳥といえば
カケス、オシドリがよく知られた有名な2種と思います。

カケスは古くは樫鳥と言われていました。
由来は、樫のどんぐりを好んで食べるからとも言われています。

家の近くでも、注意してみるとたくさんの種類の鳥を見かけます。
よく知られた種は、スズメ、セグロセキレイ、カラス、ツバメ、サギ類、カワウ、カルガモ、
カワセミ、ムクドリなど、
結構近づいても逃げないものも多いです。

他にも、名前のわからない鳥も結構見かけます。
多摩川河川敷に行けば、水鳥の仲間は見られますし、
木の多いところでは、
青色が美しいのに声が汚い?オナガ、
他にもいろいろ探してみると見つかります。
22 : 23 : 29 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
昆虫考古学
2019 / 03 / 01 ( Fri )
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昆虫考古学 [ 小畑 弘己 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/3/1時点)


縄文時代、現在お米の害虫としてしられているコクゾウムシ

米が移入される前の縄文時代には、
栗やどんぐりなどの粉塊を食べていたそうです。

今のコクゾウムシにも米を与えるより、
栗を与えたほうが大きく育つそうです

人間の主食が栗、どんぐりからお米にかわっても
人間の傍で同じように食べ物を変えて、
生き続けているコクゾウムシ、
長い付き合いです。
23 : 24 : 10 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |