団栗を噛んだ音
2008 / 07 / 12 ( Sat )
柳田國男全集の日本昔話集の中に、
埼玉県川越市の「団栗を噛んだ音」という昔話が載っています。

団栗を噛んだ音」(内容要約)
山に薪拾いに行ったおじいさん、
日が暮れそうになったので、山を降りてくると、
ふと足元にどんぐりが落ちているのを見つけ三つ拾いました。
まだ家につかないうちに、日が暮れたので仕方なく、
麓の破れたお堂に一晩泊まることにしました。

寝ていると真夜中頃、鬼たちの立てる騒々しい音で目を醒まします。
恐ろしさのあまり震えていましたが、ふと思い出してどんぐりを口で噛むと、
その音を聞いて鬼たちは家のつぶれる音と思い逃げ出しました。
翌朝見ると、床の上には黄金や白銀がいっぱい散らかっていたので、
それかき集めて大喜びで家に帰りましたとさ。

隣りに住む悪いお爺さんが、その話を聞くと羨ましがって・・・
この先はよくあるお話と同じです。

類似した昔話をいくつか読んだことがありますが、
どんぐりを噛んだ音というのがおもしろいです。
この昔語を作った人はどんぐりをよく噛んでいたのかな??
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<おじいさんは山にしばかりに | ホーム | 20世紀のパリ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |