ピンオークの苗
2008 / 07 / 16 ( Wed )
一昨年に植えたどんぐりから育ったピンオークの苗木のうち、
去年の秋に落葉してから、6月まで新しい葉をつけないので、
もう枯れてしまったのかな?と思ってたものを、
日当たりのよいところに出しておいたところ、
donguri080716
幹の途中から葉を広げはじめました。
直射日光が当たらないところに置いておいたのでそのせいかな?
ピンオークの春の目覚めには温度だけでなく、
ある程度強い光も必要なのかもしれません。

<おまけ>
窓の外のどんぐりの鉢を並べているところに、
10センチを越える大きな「やもり」が住み着いています。
昼間は、鉢の陰など涼しいところに隠れているようですが、
夜は、窓にはりついているのをときどき見かけます(大きいのでびっくりすることも!)
おかげで、ことしはどんぐりの木につく虫が少ないような?
どんぐりの鉢の周りには、他にカマキリの幼生や蜘蛛なども住んでいて、蜂も飛んできます。

どんぐりの木では、カシワの葉に一番アブラムシがついていて
アブラムシの出す「甘露」を求めてアリが葉や葉の下の地面に群がります。
テントウムシ捕まえてきて離してみようかな?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを育てる | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりの唱歌 | ホーム | 母に守られるどんぐり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |