どんぐりの唱歌
2008 / 07 / 17 ( Thu )
どんぐりのでてくる唱歌といえば、
みなが知っている「どんぐりころころ」ですが、
唱歌の本を見てみると他にもどんぐりの唱歌がでてきます。

どんぐり
作詞者不詳、作曲:橘英之祐

 びっくり こっくり どんぐりこ
 はだかで とび出し 一二三(いちにさん)

3番まで歌詞はあります。
私は聞いたことがありませんが、知っている人いるのかな?
楽譜を見ると、テンポがよさそうな曲です。


椎の実がでてくる唱歌も載っていました。

お山の杉の子
椎の木林の小さな禿山に、最初は椎の木にバカにされていた杉の木が、
椎の木を見下ろすほどに育ち、兵隊さんや人の暮らしの役にたつ
といった内容の戦時中に作られた唱歌です。

私は聞いたことがなかったのですが、よく知られた歌のようで、
ネットで紹介しているサイトも多いです。

おころり小山
作詞:北原白秋 作曲:本居長世

おころり小山の 白兎 白兎
ねんねんころりと もう寝てか
椎(しい)の実 榧(かや)の実
さがしてか さがしてか

3番まであります。
ねんねんころりやと似たメロディで、子守歌のようです。
北原白秋作詩の唱歌は多いですね。
(以前にここで紹介した、北原白秋「どんぐりこ」にも曲がつけられていました)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりの飾り | ホーム | ピンオークの苗>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |