クヌギ長者
2008 / 08 / 12 ( Tue )
愛媛県の宇和町には「クヌギ長者」のお話があります。

大きな権力を誇っていた「クヌギ長者」の屋敷内には、
大きなクヌギの木あってその大きさは、
朝日の影は安芸の国までとどき、夕日の影で土佐の山々がかげる。
(事実ならすごい大きさですね、長者の威光を表わしたものだと思われます。)
といわれていました。

その長者が病気にかかり、
その回復のために極楽寺というお寺を建立したそうです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<牛島のイチイガシ | ホーム | 遅れて更新中>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |