オーク枯れ
2008 / 10 / 03 ( Fri )
ここでも紹介したことのある「オリンピックオーク」のうちの一本、
京大農学部グラウンドに植えられて大きく育っていた、
ベルリン五輪の三段跳び金メダリスト
故田島直人さんがベルリンから持ち帰った「オリンピックオーク(ヨーロッパナラ)」が
「ナラ枯れ」(カシノナガキクイムシによる)により枯れはじめ、
周囲の樹木などへの影響なども考慮して残念ながら伐採されることになったそうです。
挿し木や根元からの発芽を待つなどして再生させることを検討しているそうです。

ヨーロッパナラの挿し木は試したことがありませんが、
国産のどんぐりの木の挿し木が難しいことから、
同様に難しそうに思いますがどうなのでしょう?根がうまくでるといいですが。
(接ぎ木ならよく売られています)
でも、できれば根元から萌芽してほしいものです。

もし、再生できなくても、
このオリンピックオークのどんぐりからそだった苗木があるはずなので、
その苗木を2代目として同じ場所に植えて欲しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりの地名 | ホーム | どんぐりした感じ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |