どんぐり料理
2008 / 10 / 13 ( Mon )
ホームページやこのブログでいままで紹介していなかった
私の読んだ本の中で、
どんぐり料理の参考になりそうな本を少しまとめてご紹介します。

今は希少だが長野県や岐阜県あたりではよく造られていた食べ物として
ドングリ味噌(別名「なら漬け」)がこの本の中で紹介されています。
小泉教授が選ぶ「食の世界遺産」(日本(にっぽん)編)
個性が強く、なかなかのものだそうですよ。
他の本に書かれていた長野県伊那地方のどんぐり味噌というのも同じものなのかな?


「南島雑話」(南島雑話(1)南島雑話(2))は、
江戸時代の奄美の風俗を伝える貴重な資料ですが、中に、
椎の実を使った味噌、焼酎、蒸菓子などのいろいろな食べ方も紹介されています。


おばあちゃんのお茶うけ
ホームページで紹介している長野県王滝村のどんぐり料理をだすお店
「郷土料理ひだみ」のどんぐり料理が紹介されています。

難しそうな料理もありますが、誰かチャレンジしてみませんか?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
<<ラテックスのどんぐりおもちゃ | ホーム | 国歌の中のどんぐりの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |