本草書の中のどんぐりの木
2009 / 03 / 18 ( Wed )
ここをしばらくお休みしている間、古典文学以外にも、
日本の古い本草書(今の薬物書?)や辞書などにあたるものもいくつか見ていました。

中国の本草書を参考に書かれたものが多く、
中国の本草書に書かれたものに、日本にあるものの名前を当てはめるのに苦労したようですね。
どんぐりの木についてもいろいろ名前の混乱が見られます。
パソコンで表示できない文字で書かれているものが多いので
ここでは詳しく紹介するのは難しそうです。

<おまけ>
本草書といえば、中国で「中華本草」という漢方薬専門書の集大成のような本が完成したみたいです。
少数民族の漢方薬についても網羅されているそうですごい!ですね。
日本語に訳されないかな?
日本語に訳されている既存の漢方の本にもどんぐりの木の用例はいくつか見られるので
さらに多くのどんぐりの木が掲載されていると思うのですが。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<鳶の餌の貯蔵庫 | ホーム | タベストリーの中のどんぐりの木1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |