樹液レストラン新規開店準備中
2009 / 06 / 02 ( Tue )
近所のクヌギの木に、タテハチョウが一羽止まっていたので、
よく見てみると、幹の反対側の根元近くに樹液がでているところがありました。
donguri090602_1
発酵臭はしていませんでしたがちいさなアリがたくさん集まっていました。
donguri090602_2
クヌギの木の横の畑にはやがて抜かれてしまうであろうクヌギの苗木がたくさん生えていました。

すこし離れた他のクヌギの木の根元ちかくにも樹液がでていました。
donguri090602_3
こちらではもう発酵臭がしていて、ちいさなハエがたくさん集まってきていました。
この2本のクヌギの木はここ数年ほとんど樹液をだしていませんでした。
何かの虫が木に穴をあけて樹液をださせたのでしょうか?
暖かくなったらまた見に行ってみようと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 01 : 12 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<伐られたシラカシの木 | ホーム | ヨーロッパナラの雌花>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |