ハイイロチョッキリ
2009 / 08 / 09 ( Sun )
公園の中の道、どんぐりの木の下を歩いていると
葉っぱと小さなどんぐりのついた枝が落ちていました。
donguri090809
落ちていたアラカシの枝

この2枝以外にも多くの枝がまわりにおちていました。
この時期にどんぐりの木の下に同じような枝を多くみかけます。

ゾウムシの一種のハイイロチョッキリがどんぐりの中に卵を産みつけてた後に
そのどんぐりを枝を切り落としたものです。
この時期、近くの公園のナラやカシの木の下を注意してみてみると
きれいにチョッキリと切り離された枝を見つけることができると思います。

どんぐりの木の低い枝先などをよく見たりしていますが、
ハイイロチョッキリさんとはまだご対面をはたしていません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<夏のどんぐりの様子1 | ホーム | 日本書紀の中のどんぐりの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |