椎根津彦
2009 / 08 / 14 ( Fri )
日本書紀の神武天皇のところに(シイ)がでてきます。

椎根津彦(シヒネツヒコ)は、
国神(くにつかみ)の珍彦(うづひこ)という漁師が、
(シイ)の棹の先を差し渡されて皇舟に引き入れられ
天皇を水先案内したときに賜わった名です。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | 古典の中のどんぐり | コメント(0) | page top↑
<<モンちゃん | ホーム | 連理のクヌギの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |