「義経記」の中のどんぐりの木
2009 / 09 / 28 ( Mon )
義経記の中には、カシ、クヌギ、シイがでてきます。

<カシ>
いちひの木を以って削りたる才棒の、八角に角を立て、
元を一尺ばかり丸にしたるを引き杖にして、・・・


イチイガシの木を削って作った才棒を、八角に角を立て、
手元の一尺ほどを丸くしたものを杖を引きずるように持ち・・・
というような意味です。


羽をば切らで樺矧に矧いだる矢の、いちひと黒樫と強げなる所を拵へて、

羽を切り揃えずに檀(まゆみ)の甘皮で巻いた矢で、
イチイガシとクロ(アラ?)カシの丈夫そうなところでこしらえて
というような意味です。


船腹のいちひの木割を十ばかり、
十四五射立て置きたりけらば、水一杯入る。


船腹に、イチイガシの木割(木製の鏃(やじり))を十本ばかり、
十四、五本も射立てておいたので、水がいっぱい浸入した。


<クヌギ>
長炭櫃に、行い人の仕業と覚えて、櫟を打ち切り打ち切りくべたりけるが

長い炭櫃に、修行者の仕業と思われ、櫟(クヌギ)を折ってはくべしてあったが、
というような意味です。


<シイ>
椎の木の四枚楯突かせ、矢比にぞきしり寄せたりける。

椎の木の四枚(を継ぎ合わせて作った)楯を持たせ、射程距離まで攻め寄せて来た。
というような意味です。


後ろの椎の木に沓巻責めて立つ。

後ろの椎の木に、沓巻(鏃を止める糸を巻いたところ)までいっぱいに深く突き立った。
というような意味です。


軍記物にはどんぐりの木が武具の材としてでてくる場合が多いですね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | 古典の中のどんぐり | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりミュージアム | ホーム | 和紙の葉書(どんぐり)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |