セルビアのバドニャク
2010 / 04 / 07 ( Wed )
今日は、セルビアとのサッカーの日本代表戦がありましたね。
結果は完敗で、ワールドカップに向けてちょっと心配です。
日本の良さを生かしたサッカーを創るといっていたように思うのですが、
この段階になっても、あまりはっきりとそれが見えてこないのが残念です。

セルビアは、クリスマスにバドニャクというオーク(どんぐりの木)の枝を
燃やしたり、飾ったりする習慣があることで知られています。

バドニャクは、幸運(喜び、健康、平和など)を運んでくるというので
本来は家の中の暖炉などで燃やすそうなのですが、
今では、外で燃やしたり、飾っておいたりすることも多いみたいです。

同じ旧ユーゴのボスニアでも同様の習慣があるみたいです。
どんぐりの木が平和をもたらしてくれるといいですね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<葉ッピー | ホーム | どんぐり柄のTシャツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |