去年拾ったどんぐりのクイズの答え
2011 / 07 / 31 ( Sun )
2/21日の記事「去年拾ったどんぐり」の答えです。


どんぐりを拾った場所の答えは、
東京都世田谷区粕谷にある都立公園「蘆花恒春園」でした。
donguri110731_1
明治時代の大ベストセラー「不如帰(ほととぎす)」や「自然と人生」で有名な作家、
徳冨蘆花の旧宅や土地が死後、都に寄贈されて都立公園として整備された場所です。
遺品等が展示されている「蘆花記念館」、旧宅、墓などを見学することができます。

東京でいちばん有名?なマテバシイと書いた木は、現在も旧宅近くにあります。
このマテバシイの木は、蘆花の作品「みみずのたはごと」の中に登場します。


・・・移転の秋坊主になる程苅り込んで非常の労力を以て隣村から移植(いしょく)し、
中一年を置いてまた庭の一隅(いちぐう)へ移(うつ)し植えた
二尺八寸廻(まわ)りの全手葉椎(マテバシイ)が、
此頃では梢の枝葉も蕃茂(はんも)して、何時花が咲いたか、
つい此程内(うち)の女児が其下で大きな椎の実を一つ見つけた。
と見て、妻が更に五六粒(つぶ)拾った。
「椎が実(な)った! 椎が実った!」驩喜(かんき)の声が家に盈(み)ちた。
田舎住居は斯様な事が大(たい)した喜の原になる。・・・

--- 徳冨蘆花「みみずのたはごと」から ---


作家の作品中に登場する植物もいろいろありますが、
今ではもう枯れたり、伐られたりなどして失われたものも多いものです。
このマテバシイの木は、移植されてから100年程経っているのですが
幸いにも大切に残されていて、
同じ椎の実を食べたり、育てたりする楽しみを味わうこともできます♪
donguri110731_2
現在のマテバシイの木の様子


2/21日の記事「去年拾ったどんぐり」の<ヒントの解説>

・龍馬伝にも少しだけ出ていた維新の十傑の1人儒学者・横井小南の親戚にあたります。
蘆花の母方の姉の、つせ子が横井小南の妻です。
母方の姉妹には、矢嶋楫子、竹崎順子など女子教育に尽力した人がいます。
蘆花の作品「竹崎順子」は、熊本女学校(現・熊本フェイス学院高等学校)
を創立した叔母の伝記を書いたものです。

・明治時代には、勝海舟の氷川邸内で借家住まいしていたことがあります。
蘆花は、氷川邸内の借家に一時、父兄らと共に住んでいました。
蘆花の作品「富士」の中にも書かれています。

・お兄さんは関東大震災のとき波にさらわれて亡くなった(うそ)とのウワサが流されました。
蘆花の兄の徳富蘇峰について、関東大震災のときに流されたこのウワサが、
当時のジャーナリスト宮武外骨の本の中に書かれています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 48 : 51 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<徳冨蘆花とどんぐり1 蘆花恒春園 | ホーム | 広葉樹の種苗の移動に関する遺伝的ガイドライン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |