ロイヤルジュエリー
2012 / 02 / 29 ( Wed )
去年の、英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃の
ロイヤルウエディングはご覧になられましたか?

どんぐりが光り輝いていましたね!!
あれっ!気が付きませんでした?
キャサリン妃の耳に、光り輝くどんぐりが付いていたのを?

結婚前に付与された、ミドルトン家の新しい紋章は、
地元のバックルベリー村がオークの木に囲まれていることと、
オークの木が「英国」「強さ」などの象徴であることから、
(どんぐりと葉が2枚ついた)オークの枝が(子供の数である)3つ入ったデザインです。

ロイヤルウエディングでキャサリン妃が付けていたイヤリングは、
ミドルトン夫妻からの依頼で「Robinson Pelham Jewellers」が制作したもので、
ミドルトン家の新しい紋章にちなんだ、どんぐりとオークの葉が使われたデザインです。

どんぐり好きな私ですが、正直なところ、
どんぐりのデザインのイヤリングでいいな!と思ったことがほとんどないのですが、
これは、デザインもサイズもとてもいい感じです。

参考までに(下写真)、本物とは全然違いますが、
人気にあやかってデザインを似せた物が作られています。

本物は、Yahoo!などで、「キャサリン妃 イヤリング」などの言葉で、
画像検索すると見ることができると思います。


<おまけ>
同じく、去年書けなかった、日本の皇室の話題をひとつ。

昨年の歌会始めの秋篠宮妃紀子さまの歌(お題「葉」)

 天蚕(やままゆ)は まてばしひの葉に つつまれて うすき緑の 繭をつむげり

マテバシイの葉に包まれるように天蚕がうすい緑色の繭をつくった様子を詠んだものです。
歌に詠まれている天蚕は、皇后さまから虫好きの悠仁さま(当時4歳)へのプレゼントを、
育てたものだそうです。

マテバシイの濃い緑の葉の中に、上品な薄い緑色の繭という色のコントラストは、
想像するだけで綺麗ですね。
羽化を観察するのには、クヌギやコナラより丈夫なマテバシイの葉は適しているかも。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 55 : 50 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
<<モリスちゃん | ホーム | 伐られたピンオークの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |