伊藤若冲のどんぐり2
2012 / 03 / 17 ( Sat )
以前ここで、伊藤若冲菜蟲譜(さいちゅうふ)に描いたどんぐりを紹介しましたが、

若冲の他の作品にも、どんぐりの描かれたものがあります。
著色花鳥版画・櫟に鸚哥図(ちゃくしょくかちょうはんが・くぬぎに いんこず)です。
切手のデザインにもなっています。
下が著色花鳥版画・櫟に鸚哥図(ちゃくしょくかちょうはんが・くぬぎに いんこず)

クヌギの枝にオウムがとまっている図です。
若冲といえば、細密な描写のものがよく知られていますが、
このクヌギのどんぐりはどうでしょう?、
版画のせいもあるかと思いますが、おせじにも緻密とはいえないような気がします。

この木は、クヌギなのでしょうか?
クヌギにしては、葉の幅が広いような感じがします。
枯葉(色のコントラストを生かすため紅葉を暗い色で描いた?)のついた枝に、
どんぐりがたくさんついていることにも少し違和感を感じます。
クヌギの木は、枯葉になる前にほとんどのどんぐりをすでに落としていると思います。
どんぐりのつきかた(向き)も一様で違和感を感じます。
(バランスを考えたのか?)

以前の記事にも書きましたが、
若冲は櫟(クヌギ)やそのどんぐりの実物を見て描いたのでしょうか?
何かの書物を見て描いた(彫った)のでは?などいろいろ考えられます。
機械があればもう少し調べてみようと思います。


<おまけ>
突然、デジカメが届きました。
応募したのもすっかり忘れていた懸賞の賞品です。
donguri120317
古いパソコンと古いデジカメ(常用機も予備機も)が相次いで壊れて、
パソコンは先月、デジカメは今月になって新しいものを購入して使い始めたばかりです。

こちらの方は予備にしようと思います。
そういえば、壊れたデジカメ2台のうちの1台も懸賞で当たったものでした。
妙な歴史が繰り返しています。
このデジカメは3D静止画が撮れるみたいなので、
どんぐりの3D画像でも載せてみようかな?
(パソコンが未対応なので自分では確認できないのですが)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 47 : 56 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<伐られなかった二度咲きコナラの木 | ホーム | 団栗(どんぐり)と戦争 調布で作られたどんぐりパン>>
コメント
--伊藤若冲の--

ニワトリの絵はものすごい迫力がありますが、ご指摘のクヌギの描写と同じように、野鳥の絵も不正確です。
タンチョウ(鶴)の絵がありますが、首の黒の範囲が実物とは違います。
多分、何かの図を見ながら描いたのでしょうね。
ただ、描き方にはいろんな革新的な方法を考え出した人のようで、画布の裏側に絵の具を塗ったりしているらしいです。
by: fagus06 * 2012/03/19 08:48 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 伊藤若冲の--

fagus06さん、こんにちは。

江戸時代の本草学の図版などに、似たような描かれ方をしているものがないかを調べてみたいと思っています。
by: どんぐりやさん * 2012/03/23 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |