伐られなかった二度咲きコナラの木
2012 / 03 / 23 ( Fri )
コナラの木は、通常の春に花を咲かせ、秋にどんぐりをつけるのですが、
花を春だけでなく、どんぐりが実る秋にも咲かせる2本のコナラの木を見つけて
このブログで「二度咲きコナラ」と名付けて、毎年観察しています。

このブログに載せていないここ数年の間も、
秋には観察しに行って、花を咲かせているのを確認しています。

二度咲きコナラ」が2本植えられている公園(ココ)は、
以前は、表面が土の雑然としたすこしさびれた公園だったのですが、
ここしばらく、ロープやフェンスで立ち入りが制限され、
緑道の一部としての工事が行われていました。

工事にともない「二度咲きコナラ」の木が伐られないか心配していたのですが、
ある程度工事が終わったところで確認してみると、
なんとか2本とも伐られることなく無事でほっとしました。
donguri120323_1
キレイに整備された緑道にⅤ字はさまれる形でなんとか残された「二度咲きコナラ」

donguri120323_2
公衆トイレの横に植えられている「二度咲きコナラ」
他にもコナラの木が植えられていますが、この二本だけが毎年秋にも花を咲かせています。
どんぐりの木は個体差が大きいので、観察していろいろ変わった木を見つけてください。
(写真がカクカクになっていて見づらくてすみません。新しいデジカメで撮った写真は
画素数が高いためか単純に縮小表示しただけではおかしくなってしまうようです)

同じブナ科の栗には「三度栗」と年に何度も実るといわれる木が古くから知られています。
地方の名物として民話に語られたり、不思議なものとして知られているものも多いです。
そんな栗も、最近では園芸店でも見かけるようになりました。

三度栗」、一才栗という品種みたいです。

普通の栗の木でも、季節外れの花を咲かせているのをたまに見かけます。
donguri120323_3
栗のイガから見て左側の白くとがっているのが栗の花
よく通る住宅街の道沿いの小さな果樹園に植えられたまだ若い栗の木
去年の秋、大きくなった栗のイガの横で花を咲かせていました。


<おまけ>
こちらは伐られたり枯れてしまった木たちの一部、
-----
ここ数年で、近所の用水沿いの大きなクヌギの木が、ほとんど伐られてしまいまいた。
donguri100418_1
これは、一昨年の春にここに載せた写真

donguri120318_4
これは去年撮った同じ用水の別の場所の写真、
同じようにクヌギの木が地面と同じ高さで伐られてしまいました。
ここ数年で、この用水で少なくとも3本の太いクヌギがこのように伐られてしまいました。
-----

donguri100721
これは一昨年ここで紹介した、別の用水沿いのクヌギの木(一昨年の写真)、
伐られてもひこばえを出していましたが・・・

donguri120318_5
今年のクヌギの木の様子、ひこばえも伐られ枯れてしまい、
カワラダケが一面に生えている状態です。
クワガタなど木を食べる虫のエサになるでしょう。
-----

donguri120323_6
この枯れてしまったシラカシの木も、樹皮がスベスベでなくごつごつしている
ということでこのブログで紹介したことがありました。(ココ

-----
最後は、伐られたがまた生えてきた木を紹介します。(二度咲きコナラと同じ公園)
ここで数年前に伐られたと紹介した覚えのあるウバメガシの切り株から
ひこばえが生え・・・
donguri120323_7
奥に切り株が見えます。
donguri120323_8
アフロ状態になっていました。
ここまでになるともう伐られないかな?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

21 : 21 : 18 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<探しているどんぐり2 | ホーム | 伊藤若冲のどんぐり2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |