どんぐりの木の芽吹きと花
2012 / 04 / 30 ( Mon )
落葉樹のどんぐりの木の花が咲くのと、葉が開くのはどっちが先でしょう?
私は数本のクヌギとコナラしか観察したことがないのですが、

私の見た木では、花の方が早かったです。
クヌギとコナラでは、クヌギの方が葉より花が開くのがより早かったです。
コナラは葉も開きかけるのと同時に花を咲かすというものが多いように思います。
(追記:あくまで、私のご近所の木たちにおいてでです。)
donguri120430_1
先々週のクヌギの木、花穂をいっぱい垂らしています。
花はまだ開いていません
donguri120430_2
先週の同じクヌギの木
すでに花が咲き終わり花穂が茶色く変色してまるで枯れ木のようです。
でもよく見ると、ぽつりぽつりと緑色の新芽が広がりかけています。
donguri120430_3
今日のコナラの木
花はもう終わって茶色く変色しています。今年は観察できませんでした。
donguri120430_4
2つ前の記事に写真を載せたカシワの木
遠目にはほとんど変化がありません。
この時期まで枯葉がついたままとは、まさか枯れてしまったのか?
と近づいて観察したのが次の写真です。
donguri120430_5
ちゃんと芽吹き始めていました♪

カシワはどうなのでしょうね?
近くを通ることがあれば寄るようにして観察してみたいです。

でもこれでは、柏餅にはとても間に合いません。
新暦の端午の節句には間に合わないカシワの木も多いです。

他の場所のカシワの木には、もう大きな葉を広げているものもあります。
木の個性と場所等による影響も大きいのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<びっくりドングリ | ホーム | どんぐりの木の若葉の絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |