理由
2015 / 06 / 22 ( Mon )
いくつかの理由があるのですが、ストレスを避けるためというのが大きいです。
ストレスで、当時、全くではないのですが、自分はほとんど役立たずにもなってましたし。

ほとんどの人が違う理由を主な原因と考えているのかなと思いますが
それはそれでいいかな。
そういう気持ちも私にはすこしありますが、そういう人ではないです。
誰でも見られる、けっこういろんな人の来るブログだから
表現はいろいろ難しいです。


前日の記事にも書いたように、ストレスにより精神的にかなり限界に近い状態だったので、
その影響が肉体にも現れていて、頭痛もときどき起きていたし、
自分自身が役に立てるかどうかわからなかった。
それにさらにストレスが加わると鬱になる可能性も感じたので…

このさきどうなるのか私にはまったく解らないため、
さらなるストレスを避ける必要があったんです。
ストレスのない所へ避難したかった。


実際にはそういう人にはありえないことなのだから・・・
とても気を使ってくれてたのはよくわかっていたが、
ある程度の制約を受け入れれば、選択肢も考えたよい待遇(仕事においても)をしてもらえそうな
感じはうけたのですが、みっともない状態の自分を見せたくないという
男の意地が勝ったのかな?本当に申し訳けありません。

精神的に限界に近い状態といっても、あんまり理解できる人はすくなそう
酒飲んで、一晩ねれば全て忘れてしまうような、人ばかりだから。
身近な人にもいる、うらやましく、たくましい性格だ。



今はもう精神的に落ちついて、病気になる前の元気な自分とほぼ同じ状態に戻っています。

そう思える状態まで回復するのに、約1か月長いな。
自分の精神状態の回復とシンクロしている。

今日も、電車内や駅構内でジーンズのポケットに入れた手を
グーにしなければいけなかった。
以前の通り、元気すぎるぐらいで気を紛らせないとすこし困る。

だけど、こんなことは初めての経験だったので、内心びびっていた
元にもどることはないのかもと。


残念なのは、気を使ってくれた人と逢えなかったということか。
何度か逢って何故なのかいろいろ感じてみたかったのだが
それもかなわなかった、巡り合せかな。
最後まで合わなかった。ほんとにね。
スポンサーサイト
19 : 58 : 53 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<わりとすんなり | ホーム | さてやるか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |