あの時の
2016 / 11 / 03 ( Thu )
わけがわからないから、
いろいろ想像して、
その全てに反応して苦悩する。
行く通りもの苦痛を感じる。
いつもそうなる。

結局、辛い目にあった人のように、
何も考えなくするしかない。
そうしないと精神的におかしくなる。
それでも体調には変調をきたす。


たぶん、よく解っていれば、
強いストレスも感じず、
他の事に気をとられず、
きちんと教えてもらえて
やるべきことがはっきりしていて、
さらにやる気にもなれて
必要なことだけに気をくばり
全て、うまくできただろう。

あの時の涙は、
いろいろな、気配りの中、
そういう気配りもあってのことだったのですね。
とても、感謝しています。忘れません。
いまも気配りを感じています。
ありがとうございます。
毎回、面倒をかけてどうもすみません。

まだ、辞めるかどうかの判断もできていませんが、
迷惑すぎるのなら、余りかけたくない気持ちもあるし・・・

私のこだわりのせいですね。
でも本当に、頭では解っていても、
昔の瞬間が頭に強く残っていて、それが浮かぶと、
まだ強く、それを求めてしまって何故かダメなんです。


それから、あまり人と関わらないようになって
孤立していたことも要因なのでしょう。

スポンサーサイト
17 : 21 : 18 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<< | ホーム | めっきり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |