竹下夢二 樫の実
2016 / 11 / 13 ( Sun )

大正ロマンを代表する画家、
竹下夢二が書いた「樫の実」です。

全体的にやわらかく曲線的に簡略化されて描かれています。

実際に、見て描いたかどうかは解りませんが、
どの種類のどんぐりの木をモチーフして書いたのでしょうか?
いろいろ想像してみるのも楽しいかもしれません。

樫の実という題名と葉の形から、アラカシ?
でも葉が茶色っぽいし落葉樹のコナラ?

このポチ袋では切られていますが、
実際の絵には右下にどんぐりのラフなスケッチがあり
それをよくみれば絞り込めるかもしれません。

夢二は、日本の近代グラフィック・デザインの
草分けのひとりとも言われており、
そこらへんも、少しうかがえるように感じます。
スポンサーサイト
06 : 31 : 50 | どんぐりグッズ | コメント(0) | page top↑
<<昨日 | ホーム | まれに>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |