FC2ブログ
2017 / 11 / 21 ( Tue )
若い頭の柔らかいうちに接した人が基準になるから。

学問や仕事、スポーツや趣味などにおいて、
自分よりはるかに優秀と思える人と、
あっていると思えることは財産になっているのか?

自分など到底およばないだろうという人も多い。

たとえば、感覚的なもの、味覚なども含め
若いときに、本物に触れることが
人でなく物も財産になるという人も多い。

直接でなくとも、
本や映像で知ったり、




自分が知っていることに、

物を考えるとき
多分、自分がら見てどうかしか考えないことも多いと思う。



真面目に考えるとき
物のとらえ考え方を球状にしている。
あらゆる方向、立場、時代、物、生き物、など
あらゆる方向のベクトルから物を見る

そういう見方ができるようになるには、
いろいろな人の立場というものを理解しないといけいし、
歴史、生物などの知識も必要だし、
とても一朝一夕にはできるものではない。

つづ
スポンサーサイト



06 : 10 : 20 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<他では | ホーム | 赤字>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |