FC2ブログ
戦場
2017 / 12 / 22 ( Fri )
戦場の場合、弾丸などの、
補給路が絶たれると、
兵士はすぐに継続して戦えなくなる。

指揮官が
補給路をいかに確保するかが
戦術の重要な要素、
というか、長い戦いでは勝敗の鍵になる。


xか所の戦場があるとする。
その戦場はまた
小さな戦場が縦にy箇所つながって存在し、
それぞれで戦闘が行われ弾丸が消費されている。

メインの補給基地から
戦場までは距離が離れているが
縦に連なる小さな戦場間は同じ短い距離、

戦場の近くに
ある程度の弾丸をつめる補給車を止めることもできる。

弾丸は、マシンガン、ライフル、ピストル等など
いくつかの種類の弾丸がありそれぞれ消費するとする。

補給隊は同時に2つ種類のものを一定量
もしくは1つの種類のものをその2倍の量
しか補給できないとする。


戦闘が開始されるとき、
十分に弾丸の行き届いていないこと
補給車にも弾丸があまり残っていないことがある。

その状態で、
ほとんどすべての戦場で激しい戦闘が開始されることもある。

そういうときはどうしているかというと・・・



補給隊は
弾丸以外にも、他の物資や修理や輸送も行う必要があるので、

同時に2種類の一定量を補給するのにかかる時間が
その補給隊の分担する戦場での弾丸の消費量を
ある程度大きくこえていなければならないので、

戦場の数が少なく激化もしていないときにはもちろん成立するが。
戦場が多いときはいろいろ工夫が必要


武器の種類を小さなもにしぼると、
小さな弾丸は消費のペースが早いので消費ペースが上がる。
大きなものほどたいてい時間がかかる。

基地に物資がないといは、現場でやりくりするしかない。


補給路は短いほうが素早く対応できるが、

いちがいに、



シュミレーションや
簡単化したモデルで計算して、
推測は立てら

その弾丸の補給に要する時間と
消費ペースのバランスが
どれくらいが適切か

補給のしやすさも、
戦闘をいかに邪魔しないかも

本当は(戦闘休止中、休み?)インターバルの間に
決められたものを、決められた数だけ、
補給すればよいようにすれば誰でも楽に行える。


自分はまだ、ミスを抑えるだけで、
そこまで考慮してやったことはないが、

戦場での戦い方もそう、
弾を手に取って
装填し、打ち出すまで

すばやく一連の動きで無理なくできるよう、
弾丸や武器などの
位置や向きなどの配置、やり方などの体の動き等々、

無駄な動きがでないように
しないと勝てない。

スポンサーサイト



03 : 58 : 27 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<キノの旅 | ホーム | 怖い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |