FC2ブログ
火星
2018 / 11 / 28 ( Wed )
隕石として地球に落ちてきた、火星起源の石

インサイトが火星に着陸成功したようですね。

私たちの年代だと、火星というとバイキング
調べてみると
バイキングとインサイトの間にも
NASAの数機か着陸に成功しているようですね。

21世紀の宇宙開発、
子供の頃、雑誌などに書かれていた
夢のようなことが実現できるか!?
これからです。


そういえば、
ホリエモン出資のロケット開発
なかなか打ち上げ成功をきかない。

各分野の経験者は入っているのだろうが?


特別に、新しい技術を使っているのではなく
ただ安くお手軽につくるのであれば、

別に革新的な新しい発想は必要なく、
すでに積み上げられた技術の汎用化だから
(それでも、なかなか難しいです。)

今までのロケット技術を積み上げた人
ベテランにコストダウン設計として
やってもらうのが早いと思うが?

ベテランがそれほど意識せずに
あたりまえのようにやっていること
いつもポケットに入れている必需品

なども、教えてもらわないと、
経験がないものは気づかないことが多いです。


たまに目にとまったうろ覚えの知識で
書いているので、

たぶん私の言っていることは、
的外れでしょう。


周囲温度-40℃~+65℃
で正常に作動しなければならない。
ものを作っていたことがあって、

室温で動けばいいのとは違い
その条件で部品メーカーが動作保障している
部品を使っていた。

それでも、
特性がでると部品メーカーが持ってきたものの、
実際、使って試験をやってみると

うまく動かないものがあり、
原因が、その部品がロットによっては、
規格を外れた特性だったからということもあった。


周囲温度-40℃~+65℃が、
一般的に一番厳しい条件で、
部品のカタログなどにクラフや表で特性が記載されている。

汎用品を使うということはここらへんを使っている?

その上が、ミリタリー規格だったか?
宇宙規格はあった??
(あまり覚えていない。
機械マニアより知識は少ないかも?)

軍とか宇宙で使われる部品は
振動とか引力とか
温度とか、急激な温度変化とか、
思いがけない動きするものもありそう。
そういうものを考慮するのには
経験がものをいいそうな気がするが
スポンサーサイト



07 : 20 : 51 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<中国産コルク | ホーム | どんぐりのソルト&ペッパー入れ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |