FC2ブログ
2019 / 01 / 16 ( Wed )
月の裏側に着陸した中国の探査機の中で、
綿が発芽したそうです。

月は地球に対して常に表面を向けているので、
月の裏は、地球から直接観測もできないし、
電波での制御もできません。

中継用の衛星を先に打ち上げていて、
それを経由してコントロールしているそうです。

重力のほとんどない宇宙ステーションで、
すでに植物や動物などの実験は進んでいますし、
特に目新しいことは少ないと思いますが、

次のステップはどんなものになるでしょう?
月の土?光?などを用いる?

じゃがいもの苗、イースト菌、ミバエの一種の卵も積み込んでいるそうで、
探査機の中で、繁殖する可能性もあるかも。

中国は2020年までに、
太陽光を反射する照明用の人工衛星を打ち上げるとも
報じられていますし、どんどん宇宙開発をすすめるようですね。

日本の探査船が月に着陸するのは
いつになるのでしょうか?
月の探査はもうしないのかな?

20190116.jpg
一か月以上、窓際の光があたるところにおいて、
水も与えず、全く世話をせずに、ほおっておいた植物です。

プリンカップで蓋をして管理しているので、乾燥してはいません。
まだ元気そうですね。

数か月前は、まだ上には伸びていなかったのですが、
(あることをしたからかどうかわかりませんが、)
急に上に伸びてきて、近くで見るともう森のよう。

ほぼ、この状態で3ヶ月程。
次はどのように変化するでしょう?

どんぐりも、水さえ与えておけば
発芽してからしばらくは
室内の蛍光灯の光でも育てることができますが、
徒長し(光を求めてひょろっと伸び)て、
光が弱すぎてそのままにしておくと枯れてしまいます。
スポンサーサイト



23 : 59 : 59 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<昆虫食 | ホーム | スマホはどんぐりのひとつ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |