FC2ブログ
全国植樹祭
2019 / 06 / 02 ( Sun )
新天皇皇后様の初の地方訪問が、
6/2愛知県で行われる全国植樹祭です。

毎年、実施され、
そのたびにお手植え用に選ばれた樹の切手が制作されるので、

どんぐりの木が切手になってときのものを
何度かここでも紹介しています。


今年は、
天皇陛下のお手植え3種のうちのひとつに、
珍しいどんぐりの木が選ばれています。


フモトミズナラ

● 名前が変遷している珍しいドングリの木

・ 以前はモンゴリナラと呼ばれていましたが、ミズナラに
似ているため、2006年に新たにフモトミズナラと命名さ
れました。
・ 愛知県と岐阜県、そして北関東のみに分布する希少種で、
県のレッドリストで準絶滅危惧に指定されている種です。

第70回全国植樹祭の実施計画書の説明から




フモトミズナラは家に一鉢あります。
10年以上前に、豊田市でどんぐりを拾ってきたものです。

そのとき拾ったものは、虫食いのものが多く、
ほとんど芽が出ずダメになりました。

ゾウムシや蛾の幼虫、
ドングリキクイムシなどがいました。

生き残ったものの中にも、
蛾の蝶虫が何匹かいて、

手術と称して、どんぐりの硬い殻を外し、
何匹かを中から取り除いて植えました。

ポットから植え替えていないので
10年たっても、あまり大きくなっていないです。


フモトミズナラについて、調べて書いていたら、

地方の博物館の学芸員の人が、
ブログで入手できなくて見られないと書いた資料?と、
ご自身の書かれた群馬県?のフモトミズナラに関する論文?
を送ってもらった覚えがあります。

そのころは、まだネット上にも、情報が少ないときだったので、
どんぐりと検索をかければ、上位に出てきて、
どんぐりに興味がある人には、結構見てもらっていました。

その後、すこし忙しくなったので、
論文の感想をお返事したり、
お礼もあまりしていなかったような?
ネット上ではしたかな?あまり覚えていない。



天皇陛下のお手播き樹種2種のうちひとつ

アベマキ
● 愛知県の里山を代表する木
・ 一般的に里山の代表樹種とされているのはコナラとクヌ
ギですが、本県ではクヌギはほとんどなく、アベマキが
目立ちます。
・ 丘陵地~低山地に広がる痩せ山に多く、耐乾性があり、
大木に育ちます。
・ 名古屋市の「城山八幡宮の連理(れんり)のアベマキ」
は縁結びの御神木として有名です。
・ お手播きされた種子は、愛知県が育て、県内の公共施設
等に記念樹として配布します。

第70回全国植樹祭の実施計画書の説明から


昨日から、文章の練習のため
書き始めた随筆に、
子供の頃に接した、どんぐりの木について

クヌギと書きましたが、
実際にはアベマキの可能性のほうが強いかもしれません。

今となっては解らないです。
大人になるまで、アベマキという名は知りませんでした。



文章の練習はこんな感じで、
クローズドで書いていて、

すこしまとまったら
ネットのすみっこに載せようと思います。

まだ、書き始めなので、
字数も決めずに、

そのうちだいたいの文字数を
決めていこうと思います。



もう6月、母の一周忌になる。

一年前、
それ以降のことはあまり覚えていない。


幼稚園のころ

どんぐり、というと、
まんまるどんぐりの、クヌギだった?

どんぐりの木、
カブトの木、クワガタの木。

コナラやカシの木もあっただろうが、
記憶にはあまり残っていない。

つづく・・・
スポンサーサイト



10 : 24 : 20 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<トトロのどんぐりバック | ホーム | どんぐりのクロスステッチ図案>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |