FC2ブログ
クヌギの木にいた虫
2006 / 07 / 12 ( Wed )
公園に生えているクヌギの木の樹皮のすきまに、頭をつっこんでいる虫がいました。
donguri060712_1
これはカメムシの仲間のサシガメ科のヨコズナサシガメ?みたいです。
サシガメに刺されるとすごく痛いそうです。それを本能的に感じとったのか?
すこし怖く感じたので写真がブレてしまっています。

樹液を吸っているのかな?
食肉性とのことなので、クヌギの樹皮の間に隠れている
虫の体液を吸っているのかもしれません。

クヌギの木の裏側にまわってみると、
donguri060712_2
一匹の蛾がクヌギの樹皮の間に隠れて、姿をカモフラージュしていました。
(見つけられるかな?)
donguri060712_3
クヌギの木の上の方を見上げてみると、
どんぐりの子供がたくさんついていました。(今年も豊作♪)
donguri060712_4
葉の上には赤くて美味しそう?な色をした実?がありました。

間違えても食べてはいけません!!これは実ではなくて虫こぶ(虫えい)です。
小さなタマバチの仲間などが葉に卵を産んだため、その部分がふくらんでできたものです。
これはクヌギハマルタマバチの虫こぶかもしれません。
卵から孵った幼虫は虫こぶの中身を食べて大きくなります。

虫こぶはクヌギなどの葉の表面にたまに見かけることがあります。

虫こぶの本
虫こぶハンドブック虫こぶはひみつのかくれが?
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 16 : 21 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<虫食いドングリ | ホーム | 虫のレストランが開店しました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |