FC2ブログ
どんぐりの標本
2020 / 01 / 18 ( Sat )
小学生の時、住みたい家というテーマで画を描いたことがある。

私が書いたのは、
吹き抜けの一階が、標本などの展示スペース、
 標本を入れる引き出し式の木の棚の上にはケース入り標本
二階が本や資料、それに研究スペース
 本棚や作業机、顕微鏡などなど、
屋上に天体観測ドームもつけた。

小学校の頃は、
昆虫採集も好きで、飼ったり展翅板などで標本も作り、
埋立土の中の石から、化石や鉱物などを見つけ拾い集めていた。

昔は、鉱物なども箱に入れ標本にしていた。

最近は、スペースがないので一度チェックして、
袋や大きな箱にまとめて入れておくだけで、
標本作りをしていない。

いろんな標本があるが、

たとえば、
どんぐりは、拾ったままの状態で置いておくと
乾燥すると殻が縮み割れてしまうものがある。

最近では、枯れた樹皮からきれいにはがれた
大きな地被類のかたまりがあったので、
拾ってきてしまった。

同定は似たものが多すぎてできなかった。
どうしよう・・・大きなプリンケースに入れて蓋をして放置している。
ボロボロに崩れるか?そのまま死んで乾燥するか?

技術の進歩や新しい考え方により、
標本もいろいろ面白いものが作れる。
場所ができたら試してみよう。

スポンサーサイト



13 : 51 : 21 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりは中国に植えられていた! | ホーム | どんぐりの木のサプリメント ロブビット >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |