FC2ブログ
樫の木蘭(カシノキラン)
2006 / 10 / 28 ( Sat )
樫の木蘭(カシノキラン)は本州南部~南西諸島に自生する着生蘭で、
常緑のどんぐりの木の樫の木によく着生し、
樫の木の葉に似た葉っぱをつけることからカシノキランと名づけられたそうです。
6~8月頃に淡黄色の小さな花をつけるそうです。
絶滅危惧II類(VU)ですが、栽培され増やされたものが園芸店などで売られています。

カシノキランの苔玉
苔玉(コケダマ) カシノキラン
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

10 : 23 : 32 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<ムクゲのつぼみ | ホーム | コナラの枝の虫えい(虫こぶ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |