FC2ブログ
ミュージアムパーク茨城県自然博物館1
2006 / 11 / 04 ( Sat )
ミュージアムパーク茨城県自然博物館に寄ってってきました。
donguri061104_1
「タネの不思議」という企画展がやっているというので
かけあしで見学してきました。
donguri061104_2
通常の展示品には、大きなどんぐりの模型がありました♪
でも、下に不気味なものが…
donguri061104_3
どんぐりより大きなムカデの模型でした。
donguri061104_4
スダジイ、マテバシイ、ミズナラ、クヌギ、コナラ、シラカシのどんぐりの標本
他には、ミズナラ、ブナ、イヌブナの冬芽の標本などもありました。
明日へ続く…

おまけ、ミュージアムパーク茨城県自然博物館の鉱物標本
通常の展示品には、私の好きな鉱物の展示もありました。
世界の有名どころの標本が展示されていました。
donguri061104_5
市ノ川鉱山の輝安鉱の結晶
donguri061104_6
イタリア産の硫黄の結晶
donguri061104_7
茨城県についての展示のところには、県の天然記念物に指定されている、
妙見山のリチウムペグマタイトの大きな岩が置かれていました。
donguri061104_8
リチウムペグマタイトで産出する鉱物たち
私も天然記念物に指定される前に何度か訪れて採集したことがあります。
donguri061104_9
茨城県で産出したいろいろな鉱物の標本が、
分類され、引き出しの中にいれられていて見ることができました。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり | コメント(0) | page top↑
<<ミュージアムパーク茨城県自然博物館2 | ホーム | ワイ・オークの木>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |