どんぐりの木の枯葉
2006 / 11 / 30 ( Thu )
今日、コナラやクヌギなどの若い木が
たくさん植えられているところの横を通りました。

葉をもうほとんど落としてしまっている木、
葉がすべて茶色くなってしまっている木、
枝先についている新しい葉だけ緑色のままの木
葉が綺麗に黄色く紅葉している木、
まだほとんどの葉が緑色の木
などいろいろな状態の木がありました。

植物図鑑には、どんぐりの木のカシワは、
冬でも枯れ葉をつけたままで、
春になって新芽が芽吹いてから枯れ葉を落とすと
書かれているものもあります。

このことは、俳句の季語にもなっていて、カシワを使った季語の、
「冬柏」、「柏の枯葉」、「枯柏」などは冬の季語に
「柏落葉」、「柏散る」などは春の季語になっています。

同じどんぐりの木のクヌギやコナラでも、
冬に枯葉がついたままの木をときどき見かけることがあります。
(クヌギのほうが見かけることが多いです)
今年の冬の間に、近くのカシワの木の「柏の枯葉」を
確認してこようと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 46 : 24 | どんぐりの木 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりの形の貯金箱 | ホーム | ハシバミ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |