市町村章
2007 / 01 / 24 ( Wed )
図書館から借りてきた「図典日本の市町村章」という本を見ました。

市町村統合で、かなりの数の市町村章がなくなり、
新しいものが作られたみたいです。
(まだ作られていないところもあるみたいです)

市町村名の文字をデザイン化したものが多い中、福岡県の添田町が、
どんぐりの木のカシの葉が図案化されたものを町章に使っていました。
(添田町のホームページで見ることができます。)

デザイン的には、コインのデザインみたいで、
レトロな感じがするのですが、(大正9年1月29日制定)
近代的なデザインの市町村章が増えている中で、
なかなか味があるものなのかもしれません。

福岡県添田町は、英彦山(ひこさん)で有名で、
町章の上部は、町名の「ソエ田」を、
下部は町の木の樫(かし)の「カシの葉」を図案化したものだそうです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 46 : 35 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<どんぐりのトランプ | ホーム | 綺堂むかし語り>>
コメント
--こんにちは--

細かい葉っぱの図案ですね。

想像してたのは、大きな葉だったから、拡大したのを見るまでどうなっているのか、解からなかった。(笑)

どんぐりやさん・・よく探し出しましたね。(驚)
by: じ~* * 2007/01/25 17:02 * URL [ 編集] | page top↑
--じ~*さんへ--

じ~*さん、こんばんは。

全市町村の町章と、その由来の説明文を
北海道からずーっと見ていって、やっと見つけました♪
by: どんぐりやさん * 2007/01/25 22:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |