朝三暮四(ちょうさんぼし)
2007 / 01 / 31 ( Wed )
朝三暮四(ちょうさんぼし)

宋の国の狙公(猿回し)が猿(さる)に「どんぐり」を、
朝三つ、夕方四つ与えようとしたら怒ったので、
朝四つ、夕方三つ与えようといったら喜んだ。
(かなり省略しています)

という、列子の黄帝や、荘子の内篇・斉物論にある故事から、日本では、
・見かけの違いにごまかされ、結果は同じであることに気づかないこと。
・うまい言葉で人をだますこと。
などの意味の四文字熟語として使われています。

いくつかの国語辞典やことわざ辞典を見てみましたが、
故事のどんぐりの部分が、トチの実になっているものの方が多いようです。
どちらもよく似た木の実ですが、本当はどっちなのでしょうか?
すこし調べてみたのですがわからなかったので、
また図書館などで時間があるときに調べてみようと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 19 : 56 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<団栗(どんぐり) | ホーム | オイケモノ>>
コメント
--こんにちは、今日は淡路島へ行ってきました。--

淡路夢舞台のラン展へ行ってきました。
海峡公園ではチューリップも・・。
お花をい~っぱい堪能してきました♪

広辞苑も「トチノ実」になっていましたよ。

昨日のオイケモノ・・「へェ~!」って感心!!
代々伝えてきた日本人の心の有り方に感動です。
by: じ~* * 2007/02/01 17:34 * URL [ 編集] | page top↑
--じ~*さんへ--

じ~*さん、こんばんは。

花の少ない冬に、お花をいっぱ~い堪能できてよかったですね。

オイケモノに使われている木の実は、
今は食べられているものは少ないですが、
昔の日本人にとっては、大切な食料だったみたいです。
伝統が現代まで脈々と伝えられているのは
すごいことだと思いました。
by: どんぐりやさん * 2007/02/01 19:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |