トトリムク
2007 / 02 / 08 ( Thu )
先日、購入したトトリノムクを少し食べてみました。
donguri070208
まず、なにもかけずにそのまま食べてみましたが、
コンニャクや豆腐よりいくぶんゼリーや寒天に近い歯ごたえで、
味はほとんどなく、後味にほんのすこし苦味がのこります。
次に醤油をかけて食べてみましたがそれほど味に変化はありませんでした。
残りは、お酒でも飲みながら、ピリ辛の味付けで食べてみたいと思っています。
刺身コンニャクのように柚子味噌をつけても美味しいかもしれません。

トトリは韓国語でどんぐりのことで、
ムク(ムッ、ムック)はどんぐりなどの粉末をゼリー状に固めたものの総称で、
どんぐり以外にも、ソバや緑豆などのムクもあるそうです。

日本でも韓国食材店で売っているところがあります。
韓国料理店でもメニューとしてだしているところもあるそうです。
食料になる作物の少ない地方や、飢饉に耐えるために人々が食べてきたものが発展し、
韓国の伝統的な食べ物になったものだそうです。

日本では、トトリムク(どんぐりムク)、トトリムック(どんぐりムック)、
トトリムッ(どんぐりムッ)、トトリ豆腐(どんぐり豆腐)、
どんぐりこんにゃく、どんぐりゼリー、どんぐり寒天など、
いろいろな呼び方でよばれて販売されているようです。

日本でも昔は同じような理由でどんぐりが食べられていて、
細々と同様の伝統食が残っている地方もあり、
カシコンニャク(カシゴンニャク、カシノキコンニャク、カシ豆腐、カシキリ豆腐)他
いろいろな呼ばれ方をしているようです。

韓国のトトリムクと原料のどんぐりの粉はネットで購入できるところもあります。

ちいさな森のどんぐり屋さんのHPのどんぐりを食べるのページ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
<<レッドオークのどんぐり | ホーム | しだみ羊羹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |