百人一首の中のどんぐりの木
2007 / 02 / 26 ( Mon )
小倉百人一首の中にどんぐりの木がでてくる歌があります。

風そよぐならの小川の夕暮はみそぎぞ夏のしるしなりける 
                       後二位家隆(藤原家隆)

歌の中にある、「ならの小川」は
京都にあり世界遺産にも登録されている上賀茂神社の境内を流れる、
御手洗川(みたらしがわ)の下流が「ならの小川」で(境内をでると明神川となります)
どんぐりの木の「楢(なら)」の木との掛詞(かけことば)になっています。

上賀茂神社の「ならの小川」と夏越大祓(なごしのおおはらえ)の様子を
詠んだ歌とのことです。

私は、どんぐりの木の楢(なら)と、地名の法隆寺などがある奈良に
かかっていると思っていて、「ならの小川」は奈良にあると思っていたのですが、
実際には、京都に「ならの小川」はあったんですね。

同じく世界遺産にも登録されている京都の下鴨神社にも
同じく御手洗川(みたらしがわ)と「ならの小川」があるそうです。
上下のカモ神社で、同じ名前の川が境内を流れているのは不思議ですね。
みたらし団子はここ下鴨神社の境内の御手洗池に湧き出す水の泡を形取って
近くの「加茂みたらし茶屋」で作られたのが始まりだそうです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<音のソノリティ | ホーム | ハナガガシのどんぐり>>
コメント
--こんばんは--

町中なのに「糺の森(ただすのもり)」中に、下鴨神社はあります。
観光客の他に地元の散歩をされている方も多いです。
昨年も行ってきましたが、私の青春の思い出の場所です。

浅い川の水、きれいですよ。
by: じ~* * 2007/03/01 00:08 * URL [ 編集] | page top↑
--じ~*さんへ--

じ~*さん、こんばんは。

下鴨神社の糺の森は、HPでみましたが大きな木が多くあるみたいですね。
私も散歩してみたいです。
by: どんぐりやさん * 2007/03/01 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |