FC2ブログ
文字の書ける葉
2007 / 04 / 12 ( Thu )
文字の書ける葉として有名なのが郵政公社が「郵便局の木」に指定している
タラヨウ(郵便の木)で、葉を傷つけたときに現れる死環により
先のとがったもので字を書くと、書いた字の跡がくっきりとのこります。
定形外なので葉書より多少送料はかかりますが、
タラヨウの葉に切手を貼って出すこともできるみたいです。

ということ?で、
どんぐりの木の葉のなかに文字が書けるものがないか考えて試してみました。
ウラジロガシ、オキナワウラジロガシなどの葉の裏には
ロウ状の物質がついているので熱いものを使って字が書けるのでは?
と考えて実験してみました。

近所には、ウラジロガシの木がないので、シラカシの木の葉で代用しました。
シラカシの葉の裏にもウラジロガシほどではありませんが
ロウ状の物質がついていて、ライターなどであぶるととけるのがわかります。

シラカシの葉の裏に半田ゴテで「どんぐり」の文字を書いてみました。
donguri070412
「どんぐり」と読めますか?
書けた♪書けた♪と喜んでいたのですが、裏(葉の表)を見ると
半田ゴテで文字を書いた部分の裏が熱で白く変色していました。
半田ゴテでは、熱すぎたみたいです。
これで書けるといってしまったら、なんの葉でも書けることになってしまいそうですね。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

20 : 16 : 41 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<どんぐり山のたぬきさん | ホーム | どんぐりパン入りキッチンソープ>>
コメント
--こんにちは --

タラヨウは神戸の植物園でしか見たことがありません。

熱・字を書く・・・、
みかんの果汁を使ったあぶり出しを思い出しました。

字が浮き出て嬉しかった事と、
焦げた紙と蜜柑のいい香りを思い出しました♪
by: じ~* * 2007/04/13 13:13 * URL [ 編集] | page top↑
--じ~*さんへ--

じ~*さん、こんばんは。

みかんの果汁のあぶり出し、懐かしいですね。
あぶりすぎてよく紙を茶色くしていました。
by: どんぐりやさん * 2007/04/13 21:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |