櫟(くぬぎ)地蔵
2007 / 04 / 30 ( Mon )
宮崎県の諸塚村のHPで、櫟(くぬぎ)地蔵というのを見つけました。

シイタケ栽培のさかんな、諸塚村の村の木の櫟(くぬぎ)、
樹齢百年を超える櫟(くぬぎ)を素材として最近作られた地蔵で、
森の恵みへの感謝の気持ちと、「苦を抜く木」である「くぬぎ地蔵」を祀ることで、
人の心の苦を抜き、やすらぎと癒しの世界へといざなう願いを込めて建立され、
諸塚村のしいたけの館21の対岸「ほたる橋エコパーク」に鎮座しているそうです。
櫟(くぬぎ)地蔵グッズなども販売されているようです。

「くぬぎ」の「苦を抜く」という語呂合わせははじめて聞きました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(2) | page top↑
<<森のランチシリーズ | ホーム | ドングリバチ>>
コメント
--ただいま--

今日は奈良に行ってきました。

春日原生林には多くのイチイガシがありますが、
万葉植物園(神苑)のイチイガシは幹周りが3mもあり
台風で木が倒れてしまったにもかかわらずそこから起き上がって成長している様子が、
龍にたとえられ”臥龍のイチイガシ”と呼ばれ天然記念物に指定されています。
この木の生命力の強さを感じさせられます。
 奈良の旅館のHPより抜粋

春日大社の神苑の藤とこのイチイガシは、とても見ごたえがありました。
森の中で癒されてきました。

「くぬぎ地蔵」いいお顔の表情をされてますね。
「苦を抜く」・・・なるほどねぇー。(感心)
by: じ~* * 2007/05/02 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
--じ~*さんへ--

じ~*さん、こんばんは。

奈良ですか、いいですね♪鹿いました?

臥龍のイチイガシはさっそくネットで写真を見ました、
迫力がありますね。
東京にはイチイガシが少ない(ほとんど人が植えたも)ので、
いちど大きなイチイガシの木を見てみたいです。
by: どんぐりやさん * 2007/05/02 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |