植物一家言
2007 / 07 / 22 ( Sun )
植物一家言
有名な植物学者の牧野富太郎博士がいろいろな植物について書かれた小文を、
一冊にまとめた本で、図書館から借りてきて読んでみました。
その中でどんぐりの木のコナラについての書かれている箇所がありました。

コナラの実は丸いものと長いものがある
私が知っている公園のコナラの木にも、
すーっとした細長い形のどんぐりをつける木と、
すこしふとくてずんぐりした形のどんぐりをつける木があります。
konara_d2.jpg
細長いコナラのどんぐり(もうすこし細長いどんぐりもあった気がします)
konara_m2.jpg
すこし太めのコナラのどんぐり
(ちいさな森のどんぐり屋さんのHPのコナラのページの写真から)
もっと丸っこいどんぐりがあるのかな?見てみたいです。

昔の日記にも書きましたが、
アカガシのどんぐりにも丸いものと細長いものがあります。
他のどんぐりにも程度の差ほどあれ、丸いものと長いものがあるかも?
参考:ちいさな森のどんぐり屋さんのHPのアカガシのページ

コナラは小本に限り時に全株極めて真赤に紅葉、大木のものは、黄葉する
このことは、あまり意識して見た事はありませんでした。
育てているコナラの苗木はほとんど黄色だった?ような気がします。
今秋は、コナラの苗木の紅葉の色もよく観察してみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<どんぐりどんぐり | ホーム | どんぐりのお鍋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |