FC2ブログ
レッドデーターブックに載っているどんぐりの木
2007 / 08 / 06 ( Mon )
環境省の作るレッドデーターブックの見直しが行われ、
ジュゴンのランクが絶滅危惧ⅠA類(CR)に上がったと
数日前のテレビのニュースでやっていました。

環境省のホームページ(報道発表資料:2007年8月3日発表)を見てみると、
哺乳類では、絶滅(EX)は4種、
オキナワオオコウモリ、アガサワラアブラコウモリ、
エゾオオカミ、ニホンオオカミで、
絶滅危惧の中で一番高いランクの絶滅危惧ⅠA類(CR)
にジュゴンが入っています。
もう見かけなくなってから長い年月のたっているニホンカワウソも
このランクに入っています。

どんぐりの木にもレッドデーターブックに載せられているものがあります。
絶滅危惧Ⅱ類(VU)「絶滅の危険が増大している種」に入れられている。
ハナガガシ(Quercus hondae)です。(これは以前と変わりません)

ハナガガシは九州や四国のところどころに局地的に生えています。
その一部は国、市町村の天然記念物に指定され保護されていますので、
すぐ絶滅ということはないでしょう。

でも、なぜハナガガシは他の樫の木と違って局地的にしか
生き残っていないのでしょうか?
なにか要因があるのか?知りたいです。
donguri070716_1
育てているハナガガシの苗木
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 45 : 46 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<クヌギのまるまった葉 | ホーム | どんぐり梅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |