食べやすいどんぐり
2007 / 10 / 22 ( Mon )
どんぐりには、アクのあるものが多くて、
そのままでは食べられないものが多いです。

昔からのどんぐりを食べる習慣がまだ残っている地域以外でも、
戦時中には、食糧不足のためどんぐりを拾い集めて食べたところもあるそうです。
そのとき、アクをうまく抜くことができなかったのでしょうか?
ご老人の方々は、あんなまずいものはもう食べたくないという人と、
懐かしいのでまた食べてみたいと思う人とに分かれるようです。

中年ぐらいの人は、どんぐりが食べられることを知らない人が多いようで、
今の子供たちは、体験学習や郷土資料館などの催しで、
どんぐりクッキーなどの縄文食を作って食べる体験をした子もけっこういて、
どんぐりが食べられることを知っている子供は意外と多いようです。

どんぐりの仲間のブナ科の堅果のなかで、食べやすいものは、
ブナ」、「スダジイ」、「マテバシイ」などの実です。
ほかのどんぐりはそのままではアクがあり食べられないものが多いです。

ブナの実」は、実がたくさんつく数年に一度の「成り年」と、
その他の年の、実が少なく、ほとんどの実がしいな(中身がない実)の
不成り年」との差が大きいため、
一般の人は、ほぼ「成り年」だけにしか食べることのできない山の幸です。
「成り年」には山の幸などを扱っているお店で売られることもあります。

私は、ブナの実をまだ食べたことがありませんが炒ったりして食べると
美味しいそうなので、次の「成り年」には食べてみようと思っています。

スダジイ」と「マテバシイ」は、
よく都会の公園やお寺にも植えられていますので、
山に行かなくても都会の公園や寺、神社などでも拾うことができます。
ブナよりはるかに「成り年」「不成り年」との差が少なく
毎年実をつけるので、拾いやすいどんぐりです。
ただ、公園や街路樹のどんぐり木は枝を剪定されますので
どんぐりが実らないことがあります。
また、最近は、ゴミの埋立地や土壌汚染地の上に盛り土をして
新しい公園が作られることもあります。
そういう公園のどんぐりはあまり食べないてほうがよいと思います。

スダジイ」(椎の実)はアクがほとんどなく、
拾ってその場で殻を割って食べることもできます。
でも、そのままでは味が薄いので、
フライパンで炒ってやると、香ばしさと味が増して美味しいです。
椎の実は、小さな時に食べたことのある人もわりと多いと思います。
今でも、お祭りの露天で炒ったものを売っているところもあるようですし、
秋には、ブナの実と同じようにたまにお店で売られることもあります。

マテバシイ」はスダジイに比べるとほんの少しだけアクがありますが、
学名:Lithocarpus edulis(edulis:食用になるという意味)にもあるように、
そのままでも食べられるどんぐりです。
殻つきのまま炒ったり、ゆでたりしても食べられます。
フライパンで炒ってやると、香ばしさと味が増して美味しいです。

殻つきのどんぐりを炒るときには、
殻が割れたひょうしにどんぐりがはじけ飛ぶことがありますので
充分注意してください。
フタつきのフライパンやお鍋を使うと安全です。

donguri071022
私が、先々週?拾ってきたどんぐり(スダジイの実)です。
拾った後、表面を水洗いして乾かしてからタッパーに入れて保管しています。
カビないようにときどき風に当てています。
(天日干しなどでカラカラに乾かしていないどんぐりを、
ビニールやタッパーに入れて密閉したままにしておくと
カビが生えてきますので注意してください。
どんぐりの根や芽の生えることもあります)
これを使って、いろいろなどんぐり料理を作ってみたいです。

他の、食べやすいどんぐりには、
シリブカガシイチイガシツブラジイなどがあります。
その以外のどんぐりは、殻を割って中身を出して細かくし、
なんどか水にさらしアクを抜くなどの手間が必要です。

虫が中にいることのすくないどんぐり
不思議なことに、アクが少なく食べやすいスダジイマテバシイのどんぐりには、
どんぐり虫(シギゾウムシ類、ハイイロチョッキリなどの幼虫)が
中にいることが少ないように思います。

理由はよくわかりませんが、
マテバシイは他のどんぐりに比べて、堅い殻に覆われているからでしょうか?
ゾウムシの親はどんぐりの殻に、長いお鼻で穴をあけて、
その穴にお尻の産卵管をさしこみ卵を産み付けますが、
マテバシイのどんぐりの殻は固くて穴をあけるのがなかなか大変そうです。
図鑑の写真では、
どんぐり虫の出てきた穴のあいたマテバシイのどんぐりを見たことがありますが、
私の拾ったマテバシイのどんぐりからはでてきたことがないです。
(シリブカガシも同様です)

スダジイの実はアクが少なくて、
木から落ちたらすぐ動物に食べられてしまうことが多いので、
いっしょに食べられてしまうのを嫌ってあまり虫がつかなくなった??
殻斗がどんぐりが熟すまでどんぐりの全体を覆っているからかも??
去年、100個ほど拾って長い期間保管していたものの中から、
1個だけ、どんぐり虫がでてきたものがありました。

以上は、私の体験からそうかもと思っていることですので、
どんぐりの木の種類がスダジイやマテバシイだけが多い森の中では、
また事情が違っているのかもしれません。

どんぐりに似た食べやすい堅果
国産のハシバミやツノハシバミの実はどんぐりに形が似ていて
どんぐりと間違える人もときどきいます。
殻の中身が食べられるそうです。
お菓子にもよく使われている、西洋ハシバミ(ヘーゼルナッツ)の仲間ですよ♪

ジャパニーズナッツという呼称を与えるとしたら、
どのナッツ(堅果)が一番ふさわしいでしょう?
日本で一番生産されている?、ピーナッツ(南京豆)は正確には豆の仲間ですし、
クルミ、ハシバミと同じく他の国で多く生産されているので、
なかなか、ジャパニーズナッツというのにふさわしいものはなさそうですね。
どんぐりは韓国が有名なので、
「椎の実ジャパニーズナッツ化計画」でも立ててみようかな?
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐりを食べる | コメント(0) | page top↑
<<(団)栗名月 | ホーム | トトリコ豚まん、トトリコロッケ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |