オークの葉の冠
2007 / 11 / 25 ( Sun )
今でも、マラソンなどの勝者に植物の、
月桂樹の葉で作られた冠が与えられることがありますが、

古代ローマ帝国では、「オークの葉の冠」は、
ローマ市民に与えられる最も栄誉な冠のひとつだったそうです。
戦争でローマ市民の命を救った者に与えられる非常に輝かしい栄誉で、
どんぐりの木のオークの葉で作られたものだったそうです。

日本語訳もされている、「三つの冠の物語」という小説の中にも、

ローマのオークの葉の冠(他の2つは、ヒースの花冠、オリーブの栄冠)
まつわる話がかかれています。

近代の褒章制度においても、オークの葉の形は、
ドイツやアメリカなどのいろいろな国の勲章の装飾として使われています。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<プリニウスの博物誌 | ホーム | どんぐりの木の紅葉はまだ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |