オークリーフ・スクラッパー(Oak Leaf Scrubber)
2007 / 12 / 23 ( Sun )
「世にも奇妙な職業案内」という本には、
世の中の人にはほとんど知られていない
アメリカの職業を写真とともに紹介している本です。
読んでみると、こんな職業もあるのかと驚かされます。
 世にも奇妙な職業案内
その中の職業のひとつに、オークリーフ・スクラッパー(Oak Leaf Scrubber)
というものがあったので気になり、図書館で本を読んでみました。

スクラッパーとは、辞書に床などのそうじ人と書いてあったので、
公園などの街路樹の落葉を集める人?かとも思ったのですが、
この本によると、イリノイ州シカゴでの、
オークの葉を使った「垢すり」のことだそうです。

かつてロシアの浴場で復及した昔風のトリートメント
(石鹸分を含んだオークの葉)を使った垢すりで、
オークの葉は吊るして乾燥され、
60センチほどの長さのほうき状に束ねられたものが使われるそうです。

石鹸分を含んだオークの葉もあるんですね。
日本のどんぐりの木にも石鹸分を含んだ葉を持つものがあるかも?
葉の裏の白いウラジロガシなどはどうかな?
誰か、試してみませんか?

「世にも奇妙な職業案内(増感号)」という本も去年出版されています。
世にも奇妙な職業案内(増感号)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

11 : 17 : 45 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<セイヨウヒイラギガシ | ホーム | すこし遅めのどんぐりを拾い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |