どんぐりに関する季語
2008 / 01 / 16 ( Wed )
今日、歌会始があったとニュースでやっていました。
今年の題は「火」だったそうです。
宮内庁のホームページの歌会始の詠進要領によると、
来年の題は「生」と定められたそうです。
よい俳句が詠めたら、詠進してみるのもいいかも。

どんぐりやどんぐりの木に関する主な季語です。

<春>
仲春:柏落葉(かしおちば)、柏散る(かしわちる)
晩春:樫の花(かしのはな)、

<夏>
初夏:柏餅(かしわもち、かしはもち)
   椎若葉(しいわかば)、樫若葉(かしわかば)、樫茂る(かししげる)
   椎落葉(しいおちば)、樫落葉(かしおちば)
   櫟の花(くぬぎのはな)、橡(つるばみ)、団栗の木(どんぐりのき)
仲夏:椎の花(しいのはな)、花椎(はなしい)

<秋>
晩秋:春柏黄葉(かしわもみじ、かしはもみぢ)
   柞紅葉(ははそもみじ)、楢紅葉(ならもみじ)
   団栗(どんぐり)、団栗独楽(どんぐりこま)、団栗餅(どんぐりもち)
   櫟の実(くぬぎのみ)、樫の実(かしのみ)、橿の実(かしのみ)
   椎の実(しいのみ)、落椎(おちしい)、椎拾う(しいひろう)
   楢の実(ならのみ)、柞の実(ははそのみ)

<冬>
三冬:櫟枯る(くぬぎかる)
   冬柏(ふゆかしわ)、柏の枯葉(かしわのかれは)、枯柏(かれかしわ)

など
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 59 : 59 | どんぐり雑記 | コメント(0) | page top↑
<<ムササビ | ホーム | クリスマス・正月の工作図鑑>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |